哨戒艦を沈没させた魚雷は韓国と同じ魚雷??? ますます深まるナゾ

写真拡大

天安」艦から、魚雷の火薬成分RDXが検出されたと報じられている。
いくつかの韓国メディアが、米・韓国軍の専門家らによる合同調査団の話として伝えているのだが、これが本当だとしたら「天安」の沈没原因は魚雷ということになり、かねてから韓国で有力視されている「北朝鮮関与説」もほぼ確実となる。

だが、今のところ火薬成分が検出されたとの公式発表はなく、どうやら憶測ばかりが先走っているようだ。

このような中、ポータルサイト「ダウム」の検索語ランキングに、「ドイツ製魚雷」というキーワードが急浮上している。

これは、「天安」を沈没させたのが魚雷であると明らかになった場合、次に魚雷のタイプ(中国製、ロシア製、ドイツ製)が問題となってくる。中でも、ドイツ製魚雷は、韓国でも使われているタイプだ。

そのため、ドイツ製魚雷と思われる何らかの成分が検出された場合、今度はそれを北朝鮮が使ったものだと特定しなければならないのだが、韓国も同じものを使っていることから証明するのは非常に困難になる可能性も出てくるということだ。

ある韓国政府関係者は、「中国製なのか、それともロシア製、ドイツ製なのか、精密検査をしている」「北朝鮮が自分たちの仕業であることを隠すために、韓国が使用しているドイツ製の魚雷を使用した可能性にも注目している」と説明している。

韓国ネットユーザーたちは
「ドイツ製魚雷にした本当の理由はなんだろうか」
「ドイツ製魚雷を北朝鮮潜水班が発射したというシナリオを誰が書いたんだ?」
「本当に政府の人間がそういったのか?」
「結論は北朝鮮なんでしょ?」
「ますます分からなくなってきた」
「真実はどこに?」


と錯綜する情報に韓国ネットユーザーたちも疑問ばかりのようだ。
米軍合同調査団は20日ごろまでに、調査結果について発表するとしている。

参照:合同調査団「天安から火薬成分、魚雷で結論」 - 聯合ニュース
参照:「天安」沈没原因、魚雷の可能性高い、火薬成分が出た - ニュースエン


(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。