サンゲツ 東京ショールームを6月4日リニューアルオープン

写真拡大

(株)サンゲツは、インテリアファブリックのショールームとして首都圏最大級(床面積約1200平米)の東京ショールーム「クレリア」を7年ぶりに全面改装し、6月4日(金)にリニューアルオープンする。
今回のリニューアルの大きな特徴は、壁紙、カーテン、床材など同社の1万3000点に及ぶ商品群を、展示什器を工夫することで見やすく機能的に展示する点。例えば、壁紙は目の高さに合わせた壁面設置型パネル展示で視認性を向上、カーテンは提案型縫製仕様サンプルと生地ハンガーサンプルの併用でイメージしやすくする。床材についても大型展示什器の導入により現品サイズでの商品確認が可能とした。
この他、住宅、宿泊施設、医療施設などをイメージしたコーディネートブースを設置し、商品単体では分かりにくい空間イメージを実像化、さらにカットサンプル提供や商品紹介を行うコンサルティングカウンターやセミナールームも充実させる。
なお東京ショールーム「クレリア」は、リニューアル工事のため5月7日(金)〜6月3日(火)の期間、臨時休館となる。