リニューアルしてさらに輝きを増した 神戸のシンボル・神戸ポートタワー

写真拡大

神戸のシンボル、神戸ポートタワーがリニューアルして、4月28日(水)にグランドオープンした。長い間、市民や観光客に親しまれてきた赤い外観のイメージはそのままに、さらにLEDライトがプラスされて、より存在感を増してパワーアップ。神戸の港の雰囲気が、さらにロマンティックになってきた。

【写真】ロマンティック!展望室の天井には一面の星空がきらめく!

今回のリニューアルでは、タワーの中央本体部分に約7000個ものLEDを装飾、イベント時などには、カラフルなライティングを楽しむことができるようになった。オープン日に行われたイベントでは、ポートタワーのイメージキャラクター・キャプテンタワー君による点灯式が行われ、40種類もの照明パターンがお披露目された。また、地上108mの展望室5階の天井には、四季の星座を配した電飾が追加され、頭上いっぱいに星空が広がる。展望室から見られる神戸の街の夜景とともに、最高の雰囲気を楽しむことができるのでデートにもぴったりだ。

リニューアルしてますます輝きを増した神戸ポートタワーで、オシャレな街・神戸のロマンティックは加速中!このGWに、是非足を伸ばしてみて。【詳細は関西ウォーカー4/20発売号に掲載】

【関連記事】
44mの平城宮が再現!奈良「平城遷都1300年祭」がアツい (関西ウォーカー)
平城遷都1300年で注目!奈良のご当地グルメとは (関西ウォーカー)
実は超本格派!あの“くいだおれ太郎”のプリンが人気 (関西ウォーカー)
みうらじゅんといとうせいこうが仏像トーク!「ゴールデンウイークは奈良に行こう」 (ザテレビジョン)
きらめく京の夜景が楽しめる「よるバス」が人気! (関西ウォーカー)