『ラブプラス+』ご当地キャラシステム「ヒッキーのオマエラが外に出るチャンス」

写真拡大

恋愛シミュレーションゲーム『ラブプラス』の続編である『ラブプラス+』が、2010年6月24日に発売される。驚異的ヒットとなった前作を超える要素が詰め込まれているようで、きっとプログラマーがハァハァ言いながら汗を流して女の子達のプログラムを打ち込んでいることだろう。

そんな『ラブプラス+』の新要素に、『ご当地ラブプラス』というシステムがあることがわかった。なんと、都道府県すべてに「その都道府県でしか手に入らないキャラクター」がおり、実際にその都道府県に出向いてDSステーションにアクセスしないと、そのキャラクターを得ることができないのだという。

その情報はゲーム雑誌が伝えたもので、インターネット上でも『デジタルマガジン』や『はちま起稿』、『痛いニュース』で大きく取りあげられ、大きな反響を得ている。インターネット上に寄せられた『ご当地ラブプラス』に関する感想は以下の通り。

・お前らが日本経済を救うのか
・ヒッキーのオマエラが外に出るチャンスだなw
・始まるわ…オタクたちの大移動が……
・すげェ・・・ 経済が活性化されるぞ コナミが日本の救世主になろうとは。。。
・リアルの彼氏力も試される訳だな
・またおまえらが食いものにされるのか
・さてと夏休みに全国自転車で回る準備でもするか・・・
・政府が打ち出すヒキコモリ対策より、よっぽど効果はあるな
・全国のホテルと提携してそこに泊まらないと見れないグラ用意しろ
・ホテルが臭くなるな
・なるほど、引きこもり更生プログラムか。厚労省はコナミに補助金を出すべき
・こんなみんなが幸せになれるギャルゲーが今まで有っただろうか
・レアキャラが全部そろったソフトがヤフオクに出品されたらいくらの値がつくんだろうか?
・チート使えば全部集められないの?(←やめましょう / 編集部より)
・いつもみたいにROM改造して全種入手とかできねえの?(←やめましょう / 編集部より)
・ずるしたら寧々さんに嫌われちゃうだろ(←そっちかよ!! / 編集部より)
※『2ちゃんねる』、『痛いニュース』等から抜粋

ラブプラスの入ったDSを持った変なヤツが全国をウロウロしだすのか…」、「真性のキモオタ達が一斉に野に放たれるわけか」と、不安の声を寄せる人もおり、経済効果はあっても不気味だと感じている人がいるのも確かなようだ。熱狂的とはいえ単なるゲームファンが危ないことするとは思えないが……。

また、「実際の彼女作って旅行しろよ」と、言ってはいけないことを書き込みする人もいたが、そのあたりは読まなかったことにしよう。さらに「旅行代理店はラブプラスツアーを企画すべき」という提案まで出てきたが、それはけっこう当たる企画かも!? 2010年の夏、日本全国を行脚する男たちの愛(ラブ)の汗で湿度が高くなるのは間違いない。

画像: 痛いニュースより引用


■最近の注目記事
【漫画業界裏話】週刊少年〇〇〇〇編集部に入った泥棒
『アフターバーナー』批判のクリエーター! 今度はゼルダ酷似ゲームを批判
マクドナルドの商品をミキサーで混ぜてお好み焼きに
若い娘のミニスカートが短すぎで危険「パンツ見えるだろ!」
エロゲー会社が激怒! 「重大な著作権侵害行為」で警視庁に相談中