神戸コルク(株)では、「エコ」「健康」「居住性」をコンセプトに、耐摩耗性や滑りにくさの機能向上に最先端技術を駆使したスーパーセラミック仕上(Xtreme WRT)コルクタイルの新商品などを収録した「コルクフロア・神戸コルク総合カタログ」を5月6日(木)に発行する。

同カタログのメインとなる床用コルクタイルは5つのシリーズで構成されている。1つ目は、特殊セラミック粒子を塗布し、滑りにくさ・汚れにくさ・キズへの強さを実現したKCRシリーズ<スーパーセラミック仕上>。2つ目はロングセラーのKC200シリーズ<ウレタンアクリル系>。3つ目はナノビーズテクノロジーを用いて表面のPVCを強化したIKシリーズ<ナノファインコート仕上>。そして、コルクの質感と豊かな風合いを味わえるKCSシリーズ<ひまわりオイル仕上(焼き込みタイプ)>とKCシリーズ<ワックス仕上(焼き込みタイプ)・無塗装>。
この他、コルクスタイル・スーパーセラミック仕上の省施工フローリングも収録。ジョイント部分に「コルクロックシステム」を採用しているため、施工が容易でリフォームにも最適である。さらに、床・階段用コルク部材や床下地用コルクフェルト、多目的のコルクシート・ロール、浴室用コルクタイル、屋根・天井・壁・床を断熱する炭化コルクボードなどを提案している。