女性のデリケートな悩みを気軽に解消

写真拡大

 実は私「痔主」なんだよね…。

 そんな悩みを持っている人は、案外多いんです。現在日本人の3人に1人が、痔を患っています。痔は男性の病気と思われがちですが、女性ホルモンの関係で実は女性の方が痔になりやすい、と言われています。最近では女性専用のクリニックも増え、受診する環境が整ってきました。

 とは言え風邪気味だから内科に行く、という感じで「ちょっと肛門科行っとく?」と気軽に行くには敷居が高いでしょう。

 デリケートな問題だけに人に相談できないまま限界まで我慢してしまい、いざ診察すると痔よりもっと深刻な病気が見つかることもあるようです。
 現在、女性のがん死亡原因の1位は「大腸がん」。しかし大腸がんと痔の症状は似ているため、ただの痔だと思って診察を受けることを怠っていると、実は大腸がんで、気づいた時にはもう手遅れ…となりかねません。

 『誰にも言えないアソコらへんの話。』(マガジンハウス/刊)は痔、膀胱炎、生理痛など、なぜか下の病気にかかることが多い、著者・たかぎりょうこさんの体験を交えたコミックエッセイ。ちょっと恥ずかしい症状が出てきた時にビクビクしないで済むように、気楽に基礎知識を身につけることができます。

 肛門科、泌尿器科、婦人科の病気は話題に出しにくいもの。まさか私も…なんて日がくる前に読んでおいて損はないでしょう。
(新刊JP編集部/川口絵理子)


【関連記事】
あの女性偉人は恋の悩みをこう越えた―【書評】『ヒロインだって悩んでる。』
アラサー・彼氏なし・金なし女性の休日に24時間密着!
そこはまるでリゾートのようなクリニックだった! 潜入、「マリーシア ガーデン クリニック」

【新刊JP注目コンテンツ】
毎日がおひとりさま。―ゆるゆる独身三十路ライフ(新刊ラジオ 第1027回)
『毎日がおひとりさま。―ゆるゆる独身三十路ライフ』特集!