ポーズをとるきれいずきん

写真拡大

   コロムビアミュージックエンタテインメントは2010年4月22日、ニンテンドーDSソフト「きれいずきん生活」の発売日に合わせたキャンペーンで、ゲームの主人公・きれいずきん自ら、東京・千代田区内にあるJ-CASTニュース編集部を訪問。雨の日で湿っぽかった社内の雰囲気を明るくしてくれた。

   DSソフトは、ふだんは横着者という、あらいぐまの主人公・まーが赤いずきんを被ると、お掃除が大好きな「きれいずきん」に変身。散らかったお屋敷を舞台に、部屋の中をせっせと掃除するだけではなく、住人たちの相談に乗りながら、その心までもキレイにしていくという内容のアクションアドベンチャーゲームだ。タッチペンを使い、DSの画面をこすって遊び、汚れが落ちてきれいになると、貴重なアイテムが出現する仕掛けとなっている。

   担当プロモーターの大内香代さんは、

「お掃除をキーワードにしたゲームですので、親子で楽しんでいただければ。実生活でもゲームの延長のような感じで、お手伝いのきっかけになればうれしいと思う」

と話している。

   ちなみに、「きれいずきん」は「まめゴマ」「モノクロブー」「リラックマ」などのキャラクターを生み出したサンエックスによる新キャラ。09年2月のデビュー以来、100以上のグッズを展開中だが、ゲーム化は今回が初めてとなる。ソフトの価格は5040円。<モノウォッチ>

J-CASTモノウォッチとは?

注目商品・新サービスを中心に、トレンド最先端の「モノ」にこだわる記事を毎日掲載。ジャンルも豊富で、きっとお気に入りが見つかるはず。
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!