世の中にはあんな本やこんな本、いろんな本がある。そのテーマも十人十色。「感動したい本が読みたい!」「思いっきり怖い本を味わいたい」と思っても、 どんな本を選べばいいのか分からない! とお悩みの方も多いはずでは?
 そんなときにあなたの味方になるのが書店員さんたちだ。本のソムリエ、コンシェルジュとしてあなたを本の世界に誘ってくれる書店員さんたち。
 そんな彼らに、テーマごとにお勧めしたい本を3冊答えてもらうのがこのコーナーだ。

 4月のテーマは『新生活を楽しむための3冊』
 入学や入社などをはじめとして環境の変化が多いとされる4月。今週はブックファースト二子玉川店の中倉陽太郎さんに3冊を選んでいただいた。


◆『男子家事 料理・洗濯・掃除の新メソッド』

著者:阿部絢子(編、監修)
出版社:マガジンハウス
定価(税込み):1365円

 春から新生活を始めた男子諸君! いまや家事は女子だけの特権ではありません。料理・洗濯・掃除などなど「どこからはじめよう?」「どうすれば楽にできるの?」そんな質問全てにこの本がお答えします!シンプルな挿絵と簡潔な文章で綴る、「デキる男子」そして「モテる男子」になるための究極のバイブルです!


◆『現実入門―ほんとにみんなこんなことを?』

著者:穂村弘
出版社:光文社
定価(税込み):540円

 新生活を始めるとやったことがないことに直面することが多くありますよね。こんなこと初めてやるなんて恥ずかしいなぁなんて思うこともあるかもしれません。でも大丈夫!42歳の歌人・穂村弘さんが不安一杯、妄想一杯ではじめての出来事にチャレンジしてみるというこの本はそんなあなたにきっと勇気をくれます!ただ電車の中で読むのはあまりオススメできません。ニヤニヤ笑いで回りに変な目で見られてしまうかもしれませんので…。


◆『県民性マンガ うちのトコでは』

著者:もぐら
出版社:飛鳥新社
定価(税込み):1365円

 新生活に付き物なのが新しい人との出会い。ところで初めて会った人と話すとき相手に何を聞きますか?名前…は当たり前でしょう。でもいきなり趣味や血液型・誕生日ときたら相手にひかれてしまうかもしれません。当たり障りが無くその後の話が広げやすい話題として出身地を聞くという手段があります。同じ出身だったり、行ったことがあったりすればとても盛り上がるでしょう。そうでなかったとしても相手の出身地のことを大まかにでも知っていれば話が弾むというものです。
 といったところでご紹介するのがこの『うちのトコでは』です。昨今流行の擬人化もので、47都道府県を各々の強調して擬人化したマンガです。県民性を扱った書籍は色々とありますが一個のキャラクターとして姿を持ち、しゃべりだすとまた違った雰囲気で楽しむことが出来ます。
 本書の読みどころは先ず冒頭の各都道府県の紹介コーナー。こちらは4コマまんがと各々を大まかに且つ軽妙に解説した文章で成り立っています。また本編では欄外に豆知識が書かれており、これもちょっとした読みどころです。「なるほど。そういうところあるよね。」と軽い気持ちで読んでいただければとても楽しめると思います。話のネタに是非本書を読んでみてはいかがでしょうか。但し本書も通勤・通学中に読むことをお勧めしません。自然とニヤついてしまう可能性が高いですので、悪しからず。類書に『ジャポニズム』もあります。こちらも是非どうぞ。


◇   ◇   ◇

【今回の書店】
ブックファースト 二子玉川店


住所:東京都世田谷区玉川2丁目22-13
TEL:03-5717-9031

■アクセス
東急田園都市線・大井町線 二子玉川駅

■営業時間
10:00AM〜9:00PM

ウェブサイト

Google Map

『書店員が選ぶ「わたしの3冊」』ブクナビにて配信中!
過去のアーカイブはこちらから



【関連記事】
紀伊國屋書店新宿本店 ピクウィック・クラブさんに聞く『新生活を楽しむための3冊』
ブックスルーエ 花本武さんに聞く『新生活を楽しむための3冊』
リブロ池袋 本店の昼間匠さんに聞く『新入社員に読んでほしい! 社会人の基礎がわかる3冊』