第7回目を迎えた本屋大賞は、明治記念館にて発表され、304書店、350人の二次投票により、冲方丁『天地明察』(角川書店)に決定!

大賞 天地明察 冲方丁 角川書店
2位 神様のカルテ 夏川草介 小学館
3位 横道世之介 吉田修一 毎日新聞社
4位 神去なあなあ日常 三浦しをん 徳間書店
5位 猫を抱いて象と泳ぐ 小川洋子 文藝春秋
6位 ヘヴン 川上未映子 講談社
7位 船に乗れ!  藤谷治 ジャイブ
8位 植物図鑑 有川浩 角川書店
9位 新参者 東野圭吾 講談社
10位 1Q84 村上春樹 新潮社


詳細は、本の雑誌増刊『本屋大賞2010』(本の雑誌社)にて。


※冲方丁さんとは?
作家の読書道 第99回:冲方丁さん

本屋大賞




■ 関連記事
外国の友人をエスコートしたくなる本〜『TRANSIT TOKYO ごはん 』(2010年4月14日00:12)
ギャルママが公民館に集まる理由〜『I Love mama 』(2010年4月13日11:38)
「ぶっちゃけ申し上げます。やばい状況です」〜『デキる人は「言い回し」が凄い』(2010年4月13日02:51)


■配信元
WEB本の雑誌