リアルなティラノサウルスが迫る!!大迫力のアドベンチャー・ショーが大阪に初上陸/Photography by Marcus Copyright CPC 2008

写真拡大

恐竜の誕生から絶滅までを見せる、壮大なスケールのアドベンチャー・ショー「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブアリーナツアー イン ジャパン」が、7月22日(木)〜25(日)の期間、大阪に初めて上陸! 実物大の恐竜が目の前にせまるが、驚くべきは、その“リアルさ”だ。

【写真】22mのブラキオサウルスが迫る!! リアルなショー写真はコチラ

古生物学者ハクスリーの案内で、恐竜の生態を観察する、という内容の同ショーでは、例えば映画「ジュラシックパーク」でもおなじみの、草食恐竜ブラキオサウルスが登場。客席まで伸びる長い首を揺らし、“実物大”の全長22メートルもの巨体でのっしのっしと歩く姿は、まさに、大迫力だ。

空気を切り裂くような吼え声と、獲物を狙う鋭い眼に恐怖すら覚えるのは、肉食恐竜の王者・ティラノサウルス。全長約12メートルの姿と、鋭い歯・大きな口は、まさに王者の風格といったところ。そのほか、約6メートルの体ですばしっこく動くハンター恐竜・ユタラプトルや、尾の先のトゲで武装している草食恐竜・ステゴサウルスなど、大きさはもちろん、皮膚の質感、動きのリアルさまで追求している恐竜10種20体が登場する。

そもそも「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー」は、エミー賞を受賞しているイギリスのテレビシリーズから誕生している。同番組に感銘を受けたオーストラリアのクリーチャー・プロダクション・カンパニーが、恐竜を実物大で再現することに成功。2007年のオーストラリアでの初演の大ヒットを受けて、全世界500万人が驚愕するショーとなった。

吼え、走り、戦う恐竜たち。恐竜ファンが夢にまで見た瞬間が、今夏に実現する。約2億5000万年前の時代へ、タイムスリップしてみませんか?【詳細は関西ウォーカー4/6発売号に掲載】

【関連記事】
“聖闘士星矢”ならぬ“聖闘士ペルセウス”! 車田正美の描き下ろしポスターがついに解禁! (MovieWalker)
恐竜の登場に本上まなみ&矢口真里が思わず絶叫! (ザテレビジョン)
「恐竜がいた時代に行ってみたい」仲里依紗。その理由は「似ていると言われるので」 (ザテレビジョン)
不用品を集めて恐竜に! 巨大エコアートが名古屋に出現 (東海ウォーカー)
世界最大級の恐竜も!「恐竜 2009」潜入レポート (東京ウォーカー)