Image by: PUMA

写真拡大

 「PUMA(プーマ)」は、使用する紙の量を65%削減した環境に優しい新パッケージ「Clever Little Bag(クレバー リトル バッグ)」を発表した。靴袋として使える不織布のバッグと1枚の段ボールで構成された、エコで画期的なこのシューズパッケージは、日本でも2011年後半より導入される予定だ。

 「プーマ」では、世界の生産工場、倉庫、ショップ、オフィスでのCO2排出量・消費電力・廃水量・廃棄物量を、2015年までに25%削減することを目標にした長期的な取り組みを行っている。その一環として新パッケージが誕生した。「Clever Little Bag」は、紙の量を従来より65%削減、インクの使用量も大幅に削減されており、軽量のため輸送コスト削減にもつながる。

 「Clever Little Bag」をデザインしたのは、Yves Béhar(イヴ・べアール)氏。サンフランシスコのデザイン事務所「fuseproject」の創立者であり、クーパー・ヒューイット・スミソニアン国立デザイン・ミュージアムによる工業デザインのナショナル・デザイン・アワードなどを受賞。世界中の子供に向け100ドルのラップトップを生産、販売する「OLPCプロジェクト」のデザインを手掛けたことでも注目を集めているデザイナーだ。

 「プーマ」のシューズパッケージが、この「Clever Little Bag」に移行することによって、年間で2000万メガジュールの節電、約8500トン分の紙の使用量を削減、化石燃料と水の使用量を各100万リットル削減することにつながる。また、アパレルコレクションの梱包は、ポリエステルから持続可能な素材へと変更。年間で720トンのポリエステルバッグを節減でき、これは29億個のプラスチックバッグを節約することに匹敵する。さらに、Tシャツの畳み方を工夫することで、パッケージサイズをコンパクトにし、輸送コストを抑えることも可能にする。

【記事の写真をもっと見る】