「G51Jx 3D」

写真拡大 (全5枚)

 ASUSTeK Computerは14日、ノートPCで3D動画/ゲーム/画像などを楽しめるゲームノート「G51Jx 3D」を発表。24日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は209,800円。

 同製品は、グラフィックスベンダーのNVIDIAが提供する「3D Vision」に対応。これにより、15.6V型のノートPCながら3D動画/ゲーム/画像などを楽しむことが可能。視聴にはアクティブシャッター方式の3Dメガネを採用した。CPUはClarksfield(開発コード名)のクワッドコアであるCore i7-720QM(1.6GHz)、グラフィックスにはGeForce GTS 360M(ビデオメモリは1GB)を搭載する。

 「NVIDIA 3D Visionキット」として、3Dメガネ、IRエミッターなど、3D視聴に必要なものは同梱される。また、Blu-ray 3D視聴にも対応を図り、光学ドライブをBlu-rayコンボドライブとしている。

 そのほかのおもな仕様は、液晶解像度がHD(1,366×768ピクセル)、OSがWindows 7 Home Premium(64ビット版)、メモリが4GB(最大8GB)、HDDが500GB。有線LANがギガビットイーサネット、無線LANがIEEE802.11b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRに準拠。インターフェースはHDMI/ミニD-sub15ピン/USB2.0×4/IEEE1394/ExpressCardスロット(54/34)/メモリーカードスロット/eSATA/ヘッドホンなど。そのほか、200万画素webカメラを搭載した。バッテリ駆動時間は約1.8時間。本体サイズは幅375×高さ34.3〜40.6×奥行き265mm、重さは約3.3kg。

■関連ニュース
米NVIDIA、大画面で3Dを楽しむソフト「NVIDIA 3DTV Play」を発表
日立ディスプレイズ、モバイル用のIPS 3Dタッチ液晶を新開発
LG、3Dにも対応する23V型ゲーミング液晶ディスプレイ
エイサー、飛び出す3D 映像の出力に対応する液晶ディスプレイ