アスレチックでアクティブな休日を!「互角堂のぼり」(清水公園)

写真拡大

ポカポカの陽気、さわやかな気候と、春はアクティブに過ごせる季節。中でも、お出掛けするなら“大人が本気で遊べるアスレチック”がオススメだ。遊んだ翌日は、筋肉パンパン…だけど、なんだか爽快。そんな気分になること間違いナシの本格アスレチックを紹介!

【写真】難易度高めのアスレチックで大冒険!

まずは、千葉県野田市の「清水公園」(清水公園駅西口より徒歩10分/大人820円)。3つのコース、100か所のアスレチックがある「清水公園」は、スコアカードで各ポイントのクリアチェックをしながら、綱をつたって歩く「互角堂のぼり」や、タライ船に乗って池の向こう岸へ渡る「タライ船渡り」などにチャレンジできる。所要時間が約1時間の「冒険コース」のほか、「ファミリーコース」「水上コース」などがあり、さらに「ポニー牧場」(450円)や噴水を使った迷路「アクアベンチャー」(620円)などもあるので、1日たっぷり楽しむことができる。

首都圏最大級のバリエーションのアスレチックを有する、神奈川県横浜市の「フィールドアスレチック横浜つくし野コース」(すずかけ台駅より徒歩10分/大人800円)もオススメ。「フィールドアスレチック横浜つくし野コース」には、4ステージ・50か所以上のポイントがあり、所要時間は2時間とかなり本格的。自然を生かしたフィールドに、長めのターザンロープなど、大人も魅了するポイントが満載。森の中、池、斜面を使ったアスレチックに、ターザン気分でチャレンジしてみて!

最後に、東京都大田区にある、都内随一のアスレチックスポット「平和の森公園」(平和島駅から徒歩約13分/高校生以上360円)を紹介。5つの水上ポイントも含め、アスレチックを約40ポイント有するこの公園では、4月1日にリニューアルオープンした新設アスレチックも楽しめる。水上のコースではぬれながらも思わず夢中になってしまうはず。アスレチックで思いっきり遊んだ後は、噴水が見える芝生広場でゆっくり休憩できるのもうれしい。

難易度高めの本格アスレチックでアクティブに過ごせば、日ごろの運動不足も解消されるかも!? 友達や家族とはもちろん、カップルで訪れて競争するのも楽しいはず! 【詳細は東京ウォーカー4月6日発売号に掲載】

【関連記事】
手相芸人・島田秀平が“パワースポット系公園”を完全ナビ! (東京ウォーカー)
歴女にもオススメ!桜の季節の散策に「森蘭丸コース」 (東海ウォーカー)
工事中の東京スカイツリーを観察!“東京未完成ツアー”が面白い (東京ウォーカー)
海遊館に「スナメリ」が! 各施設で“新顔動物”が続々登場 (関西ウォーカー)
富士急に“ドラえもんのアスレチック”登場! (東京ウォーカー)