Image by: JIL SANDER

写真拡大

 ジル・サンダー グループは、新たにネイビーカラーのロゴを持ったライン「JIL SANDER NAVY(ジル・サンダー ネイビー)」の展開を発表した。2010年6月に発表され、2011年春夏シーズンより全世界同時に店頭展開が予定されている。

 「JIL SANDER」が戦略的"ブランドエクステンション"として提案する新ライン「JIL SANDER NAVY」は、都会的なカジュアルライフスタイルを女性に提案すると共に、ピュア・エッセンシャル・イノベイティブ・ラグジュアリーというキーワードで表現されるデザイン哲学を持った「JIL SANDER」ブランドの美的世界をより一層広げるものとなる。

 中心アイテムは、アンコンストラクテッドなアウター、ライトジャージーと着やすいニットウエア。その他のアイテムはT-シャツ、ブラウス、ドレス、パンツ、スカート、ジャケット、コートとジーンズ。雑貨類もバッグ、シューズ、ベルトなど。素材はメゾン本来の定評のあるものを想起させる内容。革新的なコットン素材に中心をおき、その他にテクノ素材やジャージーやニット。色使いや抽象的なプリント柄には都会的で洗練された着易さが漂う。

 「JIL SANDER NAVY」の"ブランドエクステンション"は、洗練されたカジュアル性とダイナミックさという二つの要素をメゾンにもたらす。そのフレッシュでアンコンストラクテッドなデザイン提案は、現代的でかつ完璧なテイラーメイドの性格を持った「JIL SANDER」のコレクションを尊重する。また、ブランドのヴィジョンに興味を持つ新たな顧客へのアプローチとなっていく。

 クリエイティブ・ディレクターのRaf Simons(ラフ・シモンズ)氏は、「私は今後もさまざまな境界を超越し、そしてこのような新たな要素を取り入れることによって、ジル・サンダー メゾンの魅力を高め、ジル・サンダー ブランドの強化を継続していきます。」とコメント。ジル・サンダー グループCEOのアレッサンドロ・クレモネージ氏は、「このカジュアルでスポーティブな"ブランドエクステンション"は、今後のジル・サンダーのビジネスを発展させる上で重要な戦略的ステップとなります。"ジル・サンダー ネイビー"はピュア・シンプル・着易さをその特徴として持っています。ハイクオリティーで革新的なブランドDNAを持つジル・サンダーに、このようなカジュアルラグジュアリーの要素を加えることはブランドのライフスタイル性をさらに高めることになります。カジュアルでスポーティブな要素を反映させた、軽くアンコンストラクティブな装い、そして新たなプライスレンジは、ジル・サンダーの新規顧客へのアプローチとなります。」とコメントしている。

 「JIL SANDER NAVY」は、2010年6月(北米市場は2010年5月)に発表され、2011年春夏シーズンより「JIL SANDER」ブティック、また顧客開拓の一環として「JIL SANDER」の運営するオンラインストア、そして今後新たにオープンする店舗にて展開を予定している。