テニスの錦織圭 心が折れる一歩手前まできていた

写真拡大

 怪我で試合から遠のいていたプロテニスプレーヤーの錦織圭(20)が、昨年夏に肘の手術をして以来、初めて試合復帰することをブログで発表した。

 復帰が決まったのは4月12日からアメリカで開催されるATPチャレンジャー大会。錦織は10日付のブログで「ついにというか、やっと試合に戻れる日がやってまいりました」と報告。

 さらに、試合から離れてリハビリを続けてきたこれまでを、「いろんな事と葛藤しながら今まで過ごしていました。心が折れる1歩手前まできてたので自分でもよくこの時期を耐えたなーと思います」「試合に出る不安はありますが楽しみのほうが今は大きい」と考えているようだ。

 2008年、テニス界に彗星のごとく現れた錦織圭。ようやく怪我に泣いた日々を乗り越えられたようだ。

※この画像はスクリーンショットです

■関連記事
明日(錦織圭公式サイト)

■関連記事
テニスの錦織圭優勝で松井秀喜を連想する人々多い
愛ちゃん熱愛報道取材の過熱ぶりにネット民辟易
ネット上の誹謗中傷と戦う方法 けっこうタイヘン