■第5試合 ライトヘビー級/5分3R
フィル・デイビス(米国)
Def.1R4分55秒/アナコンダチョーク
アレクサンダー・グスタフソン(スウェーデン)

名門ペンシルバニア大レスリング部出身らしく試合開始直後から、執拗にテイクダウンを狙っていくデイビス。ケージを背にして耐えるグスタフソンは、いなして逆にシングルレッグへ。足首をコントロールし、バックをうかがうデイビスは、グスタフソンがケージを背にしてシッティングガードをとると、ギロチン狙いへ。

バックを奪ったデイビスは右パウンドを連打するが、フックに失敗。グスタフソンの体を跨ぐようにスタンド戦へ。すぐに組みついたデイビスが、ボディコントロールからテイクダウンを奪うと、左エルボーをグスタフソンの顔面に落としていく。

アンダーフックから立ち上がろうとするグスタフソンの首をコントロールし、立ち上がることを許さないデイビス。シングルを仕掛けたグスタフソンにアナコンダチョークを見せたデイビスが体を反転すると、グスタフソンはたまらずタップ。圧倒的なレスリング力を見せつけたデイビスが一本勝ちを手にした。