<テレビウォッチ>今2010年入社式に臨んだ新人たちは、いわゆる「ゆとり教育」で育った世代。1992年に制度が始まったとき、小学校1年生だった世代は2008年に社会人になった。今年はその2年あとだ。のびのび育ったのは間違いないのだが……。

謝罪文は顔文字で

   「ゆとり社員との付き合い術」の著者で、コンサルタントの橋本尚美は、「先生自体の役割が支援・サポートになっているので、人から支援されるのが当たり前という人が多い」という。


   だからなのか、先輩たちからは、「マナーができてない」「空気が読めない」「先輩にあいさつしない。席を譲らない」「進んで人にとけ込もうとしない」などといわれるらしい。一方で、メールを使いこなすのが得意。コミュニケーションが苦手。

   橋本があげた信じられないような新入社員の実態をビデオで――

   ◇ 仕事放棄

   新商品発表会の案内状を作って発送するよう頼んだら、「やり方がわからない」と放置。みんなで案内状を作っていたら、本人だけ「5時半になったから」と帰ってしまった。

   ◇常識はずれのメール

   ・課長が「頼みたい仕事がある」といったら、「あとでメールで送ってください」。話してもメモをとらない。風邪で休むという連絡も同僚にメール。

   ・クレームへの謝罪文を送らせたら、顔文字だった。

   ◇自分が嫌なことは断る

   ・ 書類の整理など「私らしくない」と拒否。

   ・ 上司から「飲みにいこう」と誘われたら、「数日前にいってもらわないと、心の準備ができないので、アポをとって」と帰ってしまった。

   ◇わが道をゆく

   ・ 取引先との打ち合わせでの飲み物、みな「コーヒー」という中で、「クリームソーダ」。

   ・ランチミーティングで、あと片付けをしない。「どうして手伝わない?」「手伝ってと言わなかったじゃない」

   加藤浩次も「すべて一緒ではないでしょうが、上司と飲みにいくのなんか?」

   渡邊美樹は、「飲みにいくには、なんか理由があるはず。飲みにケーションじゃないけど、いってほしいですね。きのうも90人と話をしましたが、いまの新人はいい」

   テリー伊藤は、「あのビデオのシーンのあと、どうしたのか。こいつダメだと思わずに、面白がるといい。クリームソーダだって、『お前またクリームソーダか』といえば、面白がられる」

   さすがテリーは飛んでる。上司の方も試されているわけだからね。

ヤンヤン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!