ストーリー詳細と未公開キャストが明らかになった「劇場版“文学少女”」/(C)2010 Mizuki Nomura/PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC./“文学少女”製作委員会

写真拡大

5月1日(土)から公開されるアニメ映画「劇場版“文学少女”」。その未公開キャストとベースストーリーが3月28日、「東京国際アニメフェア」(東京ビッグサイト)で発表された。さらに、劇場版の世界をさらに広げるオリジナル短編アニメ集のDVDが6月から発売されることも決定した。

「文学少女」は野村美月による同名ライトノベルシリーズが原作で、「このライトノベルがすごい!2009」1位や「2007年ライトノベルアワード」ミステリー部門賞にも選ばれた作品。主人公の少年・井上心葉(声:入野自由)と、文芸部の先輩・“文学少女”天野遠子(声:花澤香菜)がさまざまな事件に巻き込まれ、活躍する姿を描いた、古今東西のあらゆる名作文学をモチーフとした青春ミステリー。

心葉が遠子に無理やり文芸部へと入部させられてしまうところから物語がスタートする「劇場版“文学少女”」のベースストーリーは、原作の第5巻「“文学少女”と慟哭の巡礼者」に。「銀河鉄道の夜」(宮沢賢治)を題材に、心葉のトラウマとなった少女・朝倉美羽との衝撃的な再会が、緊張感あふれる物語の主軸として描かれていく。さらに、主要登場人物である朝倉美羽を、ドラマCDに引き続いて平野綾が演じることも発表された。

“文学少女”メディアミックス企画「プロジェクトメモワール」として発売されるオリジナル短編3作品「“文学少女”メモワールI・II・III」は、天野遠子、朝倉美羽、琴吹ななせという3人のヒロインの視点による、オリジナルのサイドストーリー。ヒロインたちが、「劇場版“文学少女”」に至るまでの、それぞれの思いを描いたエピソードが収録されている。初回特典は、各巻に原作&アニメの絵師による描き下ろしリバーシブルジャケットを採用し、原作者・野村美月による書き下ろし短編小説を同梱(こん)。映像特典には豪華声優陣のインタビューが収録されている。

【関連記事】
三角関係にあぶれるのは…!? アニメ「劇場版 涼宮ハルヒの消失」の初日舞台あいさつにSOS団が集結! (ザテレビジョン)
花澤香菜が“かまない”宣言! ドラマCD「“文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ)」発売記念イベント (ザテレビジョン)
アニメ「こばと。」で花戸小鳩を演じる花澤香菜が「ことしも頑張ります!」(1) (ザテレビジョン)
花澤香菜の朗読にファンうっとり…アキバに“文学少女”が集合! (ザテレビジョン)
入野自由と花澤香菜が、おはらいで「劇場版“文学少女”」のヒット祈願! (ザテレビジョン)