ニンテンドーDS用ソフトとして人気を博している『ラブプラス』が、新たなハード発売される事が判明した。iPhoneアプリとして『ラブプラスiN』、『ラブプラスiM』、『ラブプラスiR』の3本が配信されることになったのだ。

しかも、配信日は4月5日の00:00(つまり午前0時 / 4月4日の深夜24:00)なので、真夜中にもかかわらず、多くの人たちがダウンロード販売に殺到すると思われる。

『ラブプラス』は女の子に話しかけたり、肉体を触ったり、恋愛の駆け引きをするなど、疑似恋愛を体験できるゲームである。あくまで疑似恋愛であり、登場する女性キャラクターは開発スタッフのプログラムによって制御された、実在しないコンピューターグラフィックスである。

それぞれのソフトにひとりの女の子が登場し、『ラブプラスiN』には高嶺愛花、『ラブプラスiR』には小早川凛子、『ラブプラスiN』には姉ヶ崎寧々が登場する。全ソフト600円で購入でき、3本買っても1800円と低価格でお求めやすくなっている。

インターネット上では異様に盛り上がっており、「マジかよDS売ってくる」や「マジか、ituneカード買ってくる」、「きたー! DS持ってないけどラブプラス欲しかったんだよー!」という人もいた。「すげええええええ。いくら触っても話しかけても周囲にキモがられねえじゃねえかあああああああ。神すぎるわあああああ」と歓喜する人も。期待してもいい作品となっているようだ。

執筆 / 海拉尓幻想