映画のストーリーに合わせて動くハイテクシート登場!

写真拡大

イオン大高ショッピングセンター(愛知県・名古屋市)内に3月23日、10スクリーン1923席を擁する大型シネコン「ワーナー・マイカル・シネマズ大高」がオープン。シーンに連動して動く座席「D-BOX」が初導入され、話題になっている。

【写真】ロビーには体験版の座席を用意!

動く座席「D-BOX」は、低音に反応して振動する椅子とは異なり、映画のシーンに完全に同調したモーション効果やバイブレーションを作り出す最新システム。上下・左右・前後さまざまなパターンの動きを数千パターン実現。自分が映画の一部となったように感じるリアルさを創出する。

例えば、カーチェイスのシーンでは道路やカーブなどの感覚を体感でき、まるで自分もその車に乗っているかのような感覚。また、飛行機のシーンでは浮いたり降下したりするような感覚が味わえ、とってもエキサイティング! 子供から大人まで、より臨場感にあふれた映画体験を楽しめるのだ。

ちなみに同映画館では、高音質・高画質をかなえる独自の音響・映像システム「ULTIRA」や、臨場感抜群のデジタル3Dシネマ「リアルD社 3Dシネマ」、電解水技術によって花粉、ウィルス、浮遊菌を抑制する空間洗浄システム「ウィルスウォッシャー機能」を導入。より快適に、映画鑑賞を楽しむことができる。

映像とともに自分も動くなんて、遊園地並みの面白さ! 体全体で楽しめる「D-BOX」で最先端の映画館を満喫して。【詳細は東海ウォーカー3月16日発売号に掲載】

【関連記事】
3Dの次は動くシート?日本初、次世代体感座席「D-BOX」の座り心地は (MovieWalker)
日本映画初!3Dテレビを買わずとも3D映画が楽しめる最新DVD登場 (MovieWalker)
配給4社社長が語る、『アバター』と3D映画の今後 (MovieWalker)
『アバター』3D上映で浮き彫りになった“メガネ問題” (MovieWalker)
6日間で2000人を動員! 生ライブが楽しめる話題の映画館とは? (MovieWalker)