今年始めにはパックマンの生態をやたら忠実に再現した「パックまん」がサークルKサンクスから発売されたり、つい先日にはパックマンそっくりな土星の月「ミマス」の熱分布図が撮影されるなど、シリーズ30周年を記念してか最近やたらと動きが激しいパックマン周辺ですが、ついにまさかの実写映画化が実現、その劇場版予告編が登場しました。

と言っても、4月1日のエイプリルフールに動画共有サイトに投稿されたこの予告編はもちろん架空の映画のものなのですが、なかなかリアルな出来で、実際にB級映画として登場してもおかしくないのでは……と思わせるものとなっています。

詳細は以下から。PACMAN: THE MOVIE TRAILER on Vimeo


2010年3月、製薬会社パックコープの薬剤「パワー・ペレット」に激しい副作用があることが明らかに。


被害者は正義を求めていた……。


パックコープ本社。


社屋を立ち去るCEOマイケル・パックマン。


不審な車の襲撃を受け……


誘拐された先で目を覚まします。


胸には何らかの手術の跡が。


「薬を飲まないと頭が爆発する」とパックマンの体に起きた変化を説明する謎の脅迫者。


迷路のような廊下に点在する「パワー・ペレット」を、とりつかれたようにむさぼるパックマン。



しかし薬には恐ろしい副作用が……。



幻覚から逃げるパックマンがたどり着いた部屋には、怪しく光る謎の液体。飲むと一体何が……?


自らが販売した薬の副作用に苦しむパックマン。


その姿を真上から見ると……


まさにパックマン。


迫り来るモンスター。


自らの幻覚から逃げ切り、迷路のような幽閉施設を脱出することはできるのか……?というような内容の映画のようです。


タイトルロゴ。


ちなみに、ここまで見てもエイプリル・フールと気付かず信じてしまった人のためなのか、公開予定は「2004年秋」となっています。



ゲスト監督としてはクエンティン・タランティーノの名前が……。本当にタランティーノがパックマンを映画化したらどうなるのか、見てみたい気もします。


・関連記事
ルイージの敵を討つために一度置いたハンドルを再び握る「Mario Kart The Movie」 - GIGAZINE

マリオやルイージがクッパ軍との戦争に赴く映画予告編パロディ動画「Inglourious Plummers」 - GIGAZINE

映画「TRON」に出てくるバイクレースを手作りで再現したムービー - GIGAZINE

明日の職のために戦う007「ホームレス・ジェームズ・ボンド」 - GIGAZINE

パックマンの頭蓋骨を再現した標本 - GIGAZINE

パックマンそっくりな土星の月「ミマス」のサーマル・イメージ - GIGAZINE

パックマンの生態をやたら忠実に再現したサークルKサンクス「パックまん」を食べてみました - GIGAZINE

記事全文へ