イ・ヨウォン 撮影:イシイノブミ

写真拡大

現在BSフジで放送中の歴史大作ドラマ『善徳女王』のDVD-BOX第1弾発売を記念して、主人公トンマン役(のちの善徳女王)を演じたイ・ヨウォンが、3月31日にフジテレビ・マルチシアターで行われたプレミアム・イベントに登場した。

イ・ヨウォンの写真

本作は、未だ日本でも人気の高い韓国ドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』の脚本家と、『朱蒙』のスタッフが演出した時代劇。権力をめぐる女の闘いと、花のように美しいエリート武士集団“花郎(ファラン)”の活躍で人気となり、韓国では瞬間最高視聴率49.9%を記録、2009年の国民的ドラマとして絶大な人気を得た。

しかし、イ・ヨウォン自身は撮影当時苦労が絶えなかった様子。「初めての撮影が戦闘シーンだったんですが、作品や役に馴染みきる前だったので精神的にとても厳しかったです。感覚的にもまだ慣れていない状態のまま、男性の共演者と同じように演じなければならなかったので、本当に体力的にきつく、今でもどんなふうに撮ったのか思いだせないくらいなんです」と、会場に映し出されたダイジェスト映像を見ながらコメント。さらに花郎と女王の異なるキャラクターを演じたことについては、「時代劇の男装というのは現代劇の男装より大変な所があって、トンマン役に馴染んできたな、と思った頃に、今度は女王のキャラクターを演じることになり、自分で演じていても不自然に感じたり、男性の言葉使いになってしまったりと両方とも苦労しました」と撮影秘話を語った。

その後、特別ゲストとして本作の大ファンだという浅野ゆう子が登場。ドラマ『大奥』で総取締瀧山を演じた彼女は、『善徳女王』について「正直に言うと、一番感情移入したのはミシルでした。瀧山と同じ立場だからです。私がミシル役をやるべきだったと思っています」と会場を沸かせ、善徳女王と瀧山の貴重な2ショットが実現した。

最後にイ・ヨウォンは、「撮影中は撮影のことでいっぱいいっぱいで、なかなか集中してドラマを見ることができなかったんですが、“最終話ですごく泣いた”というお話をたくさん聞き、多くの方に感動を伝えることができたんだなと改めて思いました。(日本で放送される)ドラマでは、今後出生の秘密が明かされ、新たな展開が始まりますので、どうかみなさん最後まで見逃さないでくださいね」とメッセージを残し締めくくった。ドラマ『善徳女王』はBSフジにて毎週木曜19時より放送中。

取材・文:木村友美

■関連記事
@韓流ぴあへ