間違い電話が男性の命を救う、米女子大生が電話口向こうの緊急事態察知。

写真拡大

見知らぬ番号からかかってきた電話に出てみると、相手の様子がどうもおかしく、何を言っているのかよくわからない――。そんな状況に遭遇したら、悪質ないたずら電話と考えたとしても不思議ではありません。しかし、このようなときに落ち着いて対応し、電話口の向こうで起きている緊急事態を察知、結果的に一人の男性の命を救ったという出来事がありました。

米放送局RTV6によると、インディアナ州のインディアナポリスの女子大生アクエリアス・アーノルドさんのもとに、一本の電話がかかってきたのは3月7日のこと。見覚えのない番号だと思いつつも出てみると、電話口からは荒い息づかいしか聞こえてきません。でも、いたずらにしては何かが違う。もしかしたら、なにか起きているのかもしれない。そう感じたアーノルドさんは、「どうしたのですか? 誰かに助けを求めているの?」とたずねたのです。

すると、相手からはやっと一言「はい」との返答。そこで、今度は彼女が911(日本の110番)に通報し、かかって来た電話番号とともに状況を告げ、緊急の救助要請をしました。

実は電話の主は、62歳のダン・オイエンさんという男性。自宅に一人でいた彼は、持病の脳腫瘍が原因で起こる意識障害に突然襲われたのです。そして医療機関に連絡を取ろうとしたものの、遠のく意識の中でダイヤルしたのは間違いの番号。

しかしアーノルドさんのとっさの対応で、救急隊員がオイエンさんの家に駆けつけました。その時点のオイエンさんの容態はてんかん発作を引き起こすまでになっており、会話も不可能な状態だったそうです。

オイエンさんは現在、介護施設に住まいを移し、知らせを受けたオイエンさんの家族も、遠い他州からお見舞いに駆けつけました。ただ、オイエンさんの余命はわずかと宣告されており、これが最後の訪問になるかもしれない、とのこと。それでも、最後にまた家族と顔を合わせることができたのも、アーノルドさんのおかげです。

オイエンさんのガールフレンドは「きっと彼女がダンの守護天使になってくれたのよ」と、感謝の気持ちを表しています。