■第10試合 ヘビー級/5分3R
ロイ・ネルソン(米国)
Def.1R39秒/TKO
ステファン・シュトゥルーフ(オランダ)

オクタゴンアナのコール時、突然、場内のライトが落ちてしまい、予備電源で灯がともるまで5分ほど待たされた両雄。ネルソン、シュトゥルーフともに入場から仕切り直しとなった。

オランダ人のシュトゥルーフには大きなブーイングが起こり、反対にTUFシーズン10ウィナーのネルソンは大歓声が寄せられる。

試合では、前に出るネルソンにローを放つシュトゥルーフ。果敢にアッパーを放つネルソンだが、前に出ると再びシュトゥルーフのローがヒットする。

右のパンチを打とうとしたシュトゥルーフだが、ここでネルソンの右オーバーフックがその顔面を直撃。必死にガードポジションの態勢になるシュトゥルーフの顔面に目がけて、ネルソンがパウンドを落とすとレフェリーが二人を分け、39秒TKO勝ちとなった。