世の中にはあんな本やこんな本、いろんな本がある。そのテーマも十人十色。「感動したい本が読みたい!」「思いっきり怖い本を味わいたい」と思っても、 どんな本を選べばいいのか分からない! とお悩みの方も多いはずでは?
 そんなときにあなたの味方になるのが書店員さんたちだ。本のソムリエ、コンシェルジュとしてあなたを本の世界に誘ってくれる書店員さんたち。
 そんな彼らに、テーマごとにお勧めしたい本を3冊答えてもらうのがこの連載だ。

 3月のテーマは『新入社員に読んでほしい! 社会人の基礎がわかる3冊』
 第5週となる今週はリブロ池袋 本店の昼間匠さんに、いよいよ明日、入社する新入社員にお勧めしたい本を紹介してもらった。
 

◆『図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術』

監修:サンクチュアリ出版
出版社:サンクチュアリパプリッシング
定価(税込み):1365円

 仕事の効率を上げるにはなんといっても身の回りの整理整頓が大切、そんな時にはこの1冊。ファイリング術、手帳術、ノート術と大きく3つの整理術が非常にわかりやすい図やイラストを用いて解説されており、読んだら即実行できる事間違いなしです。常に手の届くところに常備することをオススメします。

◆『松浦弥太郎の仕事術』

著者:松浦弥太郎
出版社:朝日新聞出版
定価(税込み):1365円

 タイトルには仕事術とあるが、具体的なノウハウではなく社会人として生きていくための気持ちの持ち方や考え方について描かれてます。具体的には正直に親切に生きる、清潔感を心がけるなど聞けば当たり前のことですが普段あまり意識をしていない事について改めて考えさせてくれました。
 時間を置いて何度も読み返したい1冊です。

◆『日経新聞の「本当の読み方」がわかる本』

著者:小宮一慶
出版社:日経BP社
定価(税込み):1575円

 世の中の動きを知るために必要な事は、なんといっても新聞を読むことに限ります。そしてビジネスマンといえばやはり「日経新聞」新聞だからこそ出来る、興味ある記事だけでなく他のニュースや数字と関連づけて読みこなすことで、景気全体の動きがより一層理解出来るようになるはず。より深い新聞の読み方をマスターする事でより深く世の中を理解出来るようになる1冊です。


◇   ◇   ◇

【今回の書店】
リブロ池袋 本店
住所:東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 書籍館・別館
TEL:03-5949-2910

■アクセス
JR、東武鉄道、西武鉄道、東京メトロ 池袋駅より直結

■営業時間
10:00〜22:00

ウェブサイト

Google Map


『書店員が選ぶ「わたしの3冊」』はブクナビにて配信中!
過去のアーカイブはこちらから



【関連記事】
ブックファースト ルミネ新宿2店の三枝良平さんに聞く『新入社員に読んでほしい! 社会人の基礎がわかる3冊』
書泉グランデ 広瀬祐理さんに聞く『新入社員に読んでほしい! 社会人の基礎がわかる3冊』
紀伊國屋書店新宿本店 ピクウィック・クラブさんに聞く『新入社員に読んでほしい! 社会人の基礎がわかる3冊』