PSP「モンスターハンターポータブル 2nd G」がベスト含め400万本出荷。

写真拡大

カプコンは3月31日、PSP向けソフト「モンスターハンターポータブル 2nd G」の出荷本数が、ベスト版「モンスターハンターポータブル 2nd G PSP the Best」を含めて400万本に到達したことを発表した。

「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム。「友人と協力して強大なモンスターに挑む」という通信協力システムが新たなコミュニケーションスタイルを確立し、「モンハン現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こしている。

「モンスターハンターポータブル 2nd G」は2008年3月27日の発売以来、根強いファンの支持に支えられながら、2年経過した今もなお販売本数を伸長。また、ベスト版を段階的に値下げするなど、新しいファンの獲得に向けた施策が功を奏し、累計400万本出荷の大台突破となった。

今年の8月にはシリーズ初のスピンオフ作品「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」、年末にはモンスターハンターポータブルシリーズの最新作「モンスターハンターポータブル 3rd」の発売も決まっており、「モンハン現象」はまだまだ拡大を続けていきそうだ。