<テレビウォッチ>きょうは年度末の3月31日、というので、「朝ズバッ」がいろいろ出ている日本の借金の数字を検証した。

「借金」の種類

   「国債残高600兆円」(読売新聞12月)、「国の借金871兆円」(読売2月)、「日本の借金1000兆円」(週刊エコノミスト2月)――「みなさんご存じですか?」とみのもんた。


   財務相のHPを見ると、871.5兆円と604.7兆円の2つが載っている(2009年12月末現在)。どう違うのか?

   前者はIMF(国際通貨基金)の基準によって、債務を積上げた額。後者は、このうち税金から返済すべきものなのだという。

   まず604兆円のう577兆円が普通国債。建設国債や赤字国債などだ。年度末には普通国債が600兆円になる。最近の金利1.4%で今年度の利払いは8.4兆円になるのだそうだ。もし金利が3%になると、金利は18兆円になる。

   また、土地取得などの交付国債が3兆5000億円、交付税特別会計や旧国鉄の借金が23兆9000億円。ここまでが税金で直接返済する借金。

   残る267兆円は、直接返済しないものだというが、どんなものが?

   いちばん大きいのが123兆円の財投債。独立行政法人などに融資するための借金。法人が国に返済し、国は財投債を買い戻すから、税金に関係なしとしているのだが、実は独法は補助金を投入されているから、間接的には返済に税金が使われているともいえる。

みの「もう破綻」

   もうひとつが109兆円の政府短期証券。いわゆるつなぎ融資だが、IMFの基準ではこれも借金に計上するのだそうだ。

   日本の借金としては、この他に地方の分がある。これが198兆円。来年度はこれに44兆円の新規国債が加わる。

   井上貴博が、対GDP比のグラフをもってきた。EU諸国、アメリカなどが80-90%なのに、日本は197.2%で突出している。EUでは、この数字が60%を超えると、過剰財政赤字とみなされる。

   みのが「もう破綻してますよ」

   片山善博は、「それ以上に、こんな状態なのに国にせびったり頼ったりしている。自治体がそうなんですが、独立行政法人も含めてみんなが考えないといけない」

   みのは、郵貯の動きをにらんで「国が金を集めて国が買うのは見え見えじゃないですか」

   片山は、「外国に買われるよりはいいかもしれないが、国債は健全な金融機関に買ってもらわないと」

   みの「お国が発行してお国が買うんじゃ、タコが足を食うような……」

   返済は孫からひ孫に及ぼうとしているんだよね。

ヤンヤン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!