『スーパーマン』掲載の漫画雑誌、今度は1億3800万円で落札!

写真拡大

先月中頃、オークションサイトで『スーパーマン』の第一話が掲載されている漫画雑誌が、100万ドル(約9200万円)で落札されて話題を呼んだ。だが先日、同じ漫画雑誌がそれを上回る150万ドル(約1億3800万円)で落札されたと「COMIC BOOK DAILY.com」が29日(現地時間)に伝えた。

それによると、『アクションNo1』1938年6月号が漫画雑誌としてはオークション史上最高額の150万ドルで落札されたという。『スーパーマン』の第一話が掲載されているため先のオークションでも信じられない高値で取り引きされたが、今回出品されたものはほかの雑誌の間に挟まれた状態で保存されており、かなりの美品だったそうだ。既存するものが約100部しかない希少な漫画雑誌とはいえ、驚きの価格である。

同サイトではこれを「スーパーマンがバットマンに勝利した」と報道。というのも先月、同雑誌が100万ドルで取り引きされた後すぐに、『バットマン』の第一話が掲載されている漫画雑誌が107万5000ドル(約9890万円)で落札されたのだ。しかし、今回のオークションでまた『スーパーマン』がトップに立ったことになる。オークションサイトの関係者は「この記録を打ち破るのは難しいだろう」と話している。

なお、北米で発売されていた『アクションNo1』は日本でいうと週刊少年ジャンプのような漫画雑誌で、当時は10セント(現在の価格で約9円)だったそうだ。約70年の時を経て、とてもじゃないが少年には手が出せない価格になってしまった。

このニュースの元記事を読む

■関連記事