日本共産党の市田書記局長は29日の会見で、鳩山由紀夫首相の元公設秘書・勝場啓二被告が同日、首相の資金管理団体をめぐる偽装献金事件の初公判で、政治資金規正法違反(虚偽記載)の起訴事実を認めたことについて記者団に問われ、「鳩山首相は献金の使途を直ちに国民に明らかにすべきだ」と表明しました。

 市田氏は、「鳩山首相は、国会の答弁で『公判が終われば(使途を)公表する』と述べていた。今回、秘書が虚偽記載の事実を認め、裁判は終わる。何の障害もなくなるので、首相は、使途を国民に明らかにする責任がある」と述べました。