GACKTのライブDVDが遂に完成、「出す出す詐欺」のパロディキャラも。

写真拡大

昨年11月に発売予定だったライブDVDの延期をめぐり、1月に一部スポーツ紙やネットメディアに“出す出す詐欺”と報じられたGACKT。公式ブログでは細部までこだわった質の高い作品を届けるために編集作業が遅れていることをたびたび説明しており、それにも関わらず“詐欺”と報道されたことに怒り心頭の様子だったが、そのライブDVDがついに完成し、3月26日深夜には5都市6か所の映画館で上映会が行われた。

このライブDVDは2008年から2009年にかけて行われたGACKTのライブツアー「GACKT VISUALIVE ARENA TOUR 2009 REQUIEM ET REMINISCENCE II FINAL〜鎮魂と再生〜」のファイナルライブを収録したもの。前代未聞の映画並みの効果音を入れるなど新しい試みがされ、当初、昨年11月18日発売予定とされていたが、その後、制作が遅れ2度発売が延期になっていた。

そのため“出す出す詐欺”と悪意ある報道をされ、GACKTも公式ブログで「ハイハイ、本当に世の中、暇なんだね。下らない三流メディアがまた訳の分かんないことを載せてるけど」「『出す出す詐欺???』そんな詐欺があったんだ? 聞いたこともないっつーか……、ホント勘弁してくれよ」(1月27日付けエントリーより)と猛反論。改めて3月の発売に向けて鋭意制作中である旨を明かしていたが、紆余曲折を経ながらも、ようやく3月31日に発売の運びとなった。

26日の上映会は深夜のイベントにも関わらず、待ちに待った映像をいち早く観ようと定員を上回る応募が殺到し、プレミアチケットを手にした約4,000人のファンが参加。うさぎの着ぐるみを着たGACKTの“出す出す詐欺”パロディキャラクター「ダスダス、う!さぎ!?」も登場して会場を盛り上げ、ファンは大画面での映像と5.1chの大迫力の音を堪能する一夜となった。

ライブDVDは通常版(本編映像DVD 2枚+ドキュメント映像DVD 1枚の計3枚組/7,000円 税込み)とファンクラブDEARS限定盤(限定盤特典映像「GHOST」JUN-JI ver.DVD 1枚付きの4枚組)の2種類。GACKTがこだわり抜いた映像と音の世界、ファンは必見だ。