WBC世界フライ級王座統一選でチャンピオンだった亀田興毅選手(23)が僅差の判定で敗れた後、父亀田史郎氏(44)が判定に猛抗議、日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内事務局長らを控え室に呼び付けて「恫喝騒動」を起こした。セコンドライセンス無期限停止処分を受けている立場であり、今後ボクシング界から「永久追放」処分の可能性も高まってきた。

   史郎氏は07年10月に、次男の大毅選手と内藤大助戦で反則騒動を起こしたとして、セコンドライセンスの無期限停止処分を受けた。しかし、その後、大毅選手が世界チャンピオンになり、日本人初の兄弟同時世界チャンピオンを育てた功績を考慮して、東日本ボクシング協会は3月15日、JBCに対し処分解除の要望書を出すことを決定。そんな矢先の出来事だった。JBCは試合後の「恫喝騒動」は確かにあった、とし、「処分は近日中に発表する」と厳しい姿勢を示している。

「近日中に処分を発表できる」とJBC

「オレを怒らしたらどないなるか、覚えとけよ!。おのれのクビ、取ったるど、こら!!」

   史郎氏は試合後、JBCの安河内事務局長とガルシア・レフリーを控え室に呼び、こう恫喝したという。ジャッジと採点がおかしすぎるという理由からだ。史郎氏の言い分はこうだ。5回に起きた2回の偶然のバッティング。一度目にレフェリーは、ポンサクレック選手に減点1を科した。二度目のバッティングでもレフリーはポンサクレック選手を1点減点したのだが、二度目の減点を安河内事務局長は認めなかった、というもの。

   レフリーは史郎氏に「5回の減点は2点だった」と説明したが、その後の記者会見でJBCは、「減点は1点で正しい」と発表。仮に2点だったとしても採点上、興毅選手が敗れた事は覆らない、と説明した。

   今回の恫喝騒動でJBCは史郎氏の処分を検討している。

「処分の内容はまだ決定していないが、近日中に発表できる」

とし、「永久追放」を含めた厳しい処分を考えているようだ。

「5回の減点は流れが大きく変わる重要な分岐点だった」

   ネットの掲示板やブログでは、興毅選手は一時期ビッグマウスなどの言動からバッシングの対象になっていたものの、このところ礼儀も正しく、親しみやすい存在になってきたとして、評価されていた。このため、史郎氏が興毅選手らの努力をブチ壊しているとし、

「息子たちが頑張ってるのに、親父が全てを台無しにしている。本当に息子たちのことを思うなら表舞台から姿を消したほうが良い」
「オヤジさん・・・あんたが息子さんのボクシング界での活動狭くしてるんだよ」

といった批判が多く出ている。

   一方、亀田ジムの五十嵐紀行会長は、

「5回の減点が1点か2点かで、選手の心理面に与える影響は大きい。試合の流れが大きく変わる可能性の高い、非常に重要な分岐点だった」

と騒動の背景をこう説明した。ただ、史郎氏の今後については、

「JBCの決定を待ってそれから対応していきたい」

とだけ話している。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!