「完全な6」の数式パズル:回答編

写真拡大

Dave Giancaspro


画像はWikimedia

筆者は、解く人によって回答が異なりうるパズルが好きだ。読者はいつもさまざまな視点を提供してくれるが、先週のパズル(日本語版記事)もそうだった。

先週のパズルは、数学記号を使って以下の等式を完成させるというものだった。

1 1 1 = 6
2 2 2 = 6
3 3 3 = 6
4 4 4 = 6
5 5 5 = 6
6 6 6 = 6
7 7 7 = 6
8 8 8 = 6
9 9 9 = 6
10 10 10 = 6

一番速い答えは、「3の階乗が6」を使うことだ。最も簡単には、全ての数式に関して、それぞれの数字を0乗して、それを階乗すればいい。つまり、

(n^0 + n^0 + n^0)![「nの0乗」=1を3個足す]
(1 + 1 + 1)!
(3)!

全てがこれでいける。一方、それぞれの数式に対して違う式を作った野心的な人たちもいた。一番人気のあったのは次のようなものだ。

(1+ 1+ 1)! = 1 ×2 × 3 = 6
2 + 2 + 2 = 6
3 × 3 - 3 = 6
4 + 4 - √(4) = 6
5 + 5 ÷ 5 = 6
6 × 6 ÷ 6 = 6
7 - 7 ÷ 7 = 6
(8)の立方根 + (8)の立方根 + (8)の立方根 = 2 + 2 + 2 = 6
(9 + 9) ÷ √(9) = 6
log((10 × 10 × 10)2乗) = log((1,000)2乗) = log(1,000,000)= 6

2進法について理解している読者たちは、「10 10 10」を2進法の「2 2 2」と読んでこれを足した。とても独創的な解法だ!

今回、Think Geekの50ドル商品券を得たのはAJ Matunis氏。殴り書きの計算用紙を送ってきてくれたChristinaもありがとう!Andrewは、居間に置いてあるホワイトボードの写真を添付してくれた。ホワイトボードを居間に置くとは立派なギークだ。日本の読者たちにも、「Domo Arigato」!

[他の答えとしては、
√(10−(10÷10))!= 6
6-6+6=6
6=6=6=6
などもある]

WIRED NEWS 原文(English)

  • 「完全な6」の数式パズル2010年3月25日