亀田のオヤジがボクシング業界から永久追放される!?

 27日に行われたボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチで、亀田興毅がポンサクレック(タイ)に判定負けして初防衛に失敗した直後、父親の史郎氏や三男の和毅らが、判定に不服を唱えて控え室などで大暴れした。その様子を業界関係者は、「あの暴れ方は常軌を逸していた」と証言。現在、ライセンスの無期限停止処分を受けている史郎氏は、東日本ボクシング協会などを通じて、JBC(日本ボクシングコミッション)に停止処分の解除を要望していたが、業界の有力者の一人は、「そんな人物にライセンスを与えてはいけないし、追加の処分も検討すべきだろう」と話している。

「こんなジャッジおかし過ぎるじゃねぇか!」「覚えておけよ。おのれのクビ、とったるぞ、コラ!」

 現場にいた関係者によると、興毅の敗戦後、有明コロシアムの控え室で、史郎氏は大声で怒鳴りまくり、近くにあった机を叩いたり、椅子を蹴るなど大暴れして、現場は騒然とした雰囲気になったという。

 史郎氏が激怒したのは、3人の審判のうち、ドローとした1人以外の2人が、ポンサクレック(タイ)の勝利とした判定についてだった。

 史郎氏は試合後、WBCのスーパーバイザーも兼務していたJBCの安河内剛事務局長と、主審のガルシア氏、もう1人のWBCスーパーバイザーだったタンガラジャ氏の3人を自分たちの控え室に呼びつけて説明を求めたという。

 その過程で、5Rに発生した2度の偶然のバッティングについてレフェリーのガルシア氏が「ポンサクレックに2点減点」と発言したことを指摘。実際には2度目のバッティングでは両者が負傷しており、WBCルールの「偶然のバッティングによる負傷では、負傷していないほうから1点減点」という減点対象とはならないものだった。

 安河内事務局長が、史郎氏の誤解を指摘し、結果的に「採点に問題はなかった」と断言。さらに「審判と話をすること自体がルール違反になる」と注意したが、史郎氏はこの説明にも怒り心頭。「審判が一度言ったことは変わらないだろう」などとゴネ続け、安河内事務局長に対して「おどれのクビをとってやる。おまえオレを怒らせたら、もう終わりじゃ!」などと恫喝したというのだ。

 さらに、リングサイドで観戦していた関係者は、こう証言する。

「そもそも史郎氏は、興毅のいた赤コーナーのすぐ後ろの席で観戦していたが、試合中に赤コーナーに近づいて、興毅に、ああしろ、こうしろと指示を出し、周囲にいた関係者に席に押し戻されていた。自分の席で怒鳴っているだけならまだしも、セコンドライセンスの停止処分になっている人間が、あんなことをしちゃいけないだろう」

 史郎氏は、過去にも日本人審判の判定に不服を唱え、試合後の審判に詰め寄って暴言を浴びせて問題視され、審判団らがJBCに対して、史郎氏の処分を求めて猛抗議をする騒動を起こしている。

 その当時から史郎氏をよく知る業界関係者の一人は、「あのオヤジは何かにキレると見境がなくなって、まるでヤクザみたいに相手に噛み付くことが頻繁だった。そもそも、そんな史郎氏に、JBCがその場その場で適切な処分をしてこなかったことにも問題あった」と振り返る。

 そして、この関係者は「だから、自分は『奴はまた何か問題を起こす』と言い続けていた。なので、あんな人物の処分を解除するなんて、とんでもない」と吐き捨てた。

 現在の史郎氏は、亀田ジムが所属する東日本ボクシング協会を通じ、ライセンス停止処分の解除をJBCに要望しているが、同協会の有力ジムの会長は、今回の暴走を受けて、こう指摘する。

「今回の興毅の判定負けは、誰が見ても明らかで、そのこと不満を言うこと自体がおかしい。協会やJBCは、ライセンス停止処分を解除するどころの話ではなく、反対に新たな処分を検討しないといけないだろう」