『RPGツクールDS』で大規模な不具合「なんの解決にもなってねぇ」

写真拡大

ニンテンドーDS用ソフト『RPGツクールDS』で大規模な不具合が発見されている件で、2010年3月27日現在、発売元のエンターブレインはソフトウェアの交換をする意志がないようである。

『RPGツクールDS』は感動的なRPGを自分でも作れるゲーム製作ツールなのだが、プレイヤーがゲームを作る過程で数多くの不具合が発生。ひとつひとつは大きなバグとはいえないものの、あまりにも数が多すぎて大規模なバグゲームソフトと化している。

エンターブレインはゲーム作成の進行を妨げるバグがある事を認め、公式サイトに「お買い上げいただいたお客様にはご迷惑、ご不便をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます」と、謝罪文を掲載。しかし、ソフトウェア交換による根本的な解決はしないようで、どういうシーンでどんな操作をすればバグが発生するのかを謝罪文と共に掲載。発生条件と回避方法を書いている。

『RPGツクールDS』の質問コーナーサイトにもバグと回避方法が掲載されているのだが、やはり根本的な解決方法は全くないようで、結局のところ「そういう操作はしないでください」といったものばかり。それでは自由自在にゲームを作ることが出来ないと思うのだが……。

特に酷いのは、バグを回避することができないシーンがあるところ。正常にセーブができないバグもあるようだ。それって、場合によってはゲームを回収するほどの大きな事故じゃ……。回避できないバグに関しても特に解決方法は書かれておらず、読者の質問に対して「ご注意ください」と説明されている。ご注意くださいって……。ありえない話しである。

ゲーム情報ブログ『はちま起稿』の管理人もさすがに呆れたのか、「なんの解決にもなってねぇ・・・」とポツリ。確かに、「ご注意ください」じゃ回避方法の説明になってない。まともに遊べないゲームソフトを数千円で売ったわけだから、数千円で買った人達のために、今後メーカーにはそれなりの対応が求められそうである。

Photo: はちま起稿

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースがあります