テレビ番組プロデューサーの、おちまさとがブログで、名刺交換のちょっと困った話を披露している。

   仕事をはじめて以来、名刺交換は日々続けている。ただ、どうしても顔と名前を覚えきれないこともあって突然、「おちさん!久しぶり!」とか「おおーっ!」とか言われて、呼び止められるとびっくりするらしい。

   そんな時はつい愛想よくしてしまうのは、自分でも反省していて、完璧に顔と名前を記憶できる方法を探ってもいる。でも、本音はというと、

「覚えられる訳ないじゃん。笑」

   だから、東京ガスのテレビCMで、ピエール瀧が演じる織田信長が俳優の妻夫木聡を見て、「どっかで会った?」と平然と返すシーンには驚いた。そんなことを言えたら、「どんなに楽だろうか」というのだ。が、ぶっきらぼうな言い方はデリカシーがないので、現実的には絶対にできない。

   そういうわけで、おちは、偶然逢った人は「昔○○で会った××です!」と挨拶するのはどうか、という。この方法ならば、自分も相手も困らないからだ。「いかがでしょうか」と2010年3月24日の記事で提案した。<テレビウォッチ>

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!