近年、社会的にも関心が高まった就職活動の早期化問題。グローバル経済の進展が現行の新卒採用のあり方を企業リスクに変えつつある。大学教育の成果と新卒採用を結びつけるプロセスへの転換が求められている。

早期化是正で選考プロセスや評価方法を見直す機会に

 経済環境の変動リスクを考慮して、採用スケジュール見直しを明らかにする企業もでてきた。

 キヤノングループで国内マーケティングを担当するキヤノンマーケティングジャパン(東京都港区、川崎正己社長)は、昨年12月、2011年度新卒採用スケジュールを遅らせると発表した。

 同社も昨年までは大学3年生の秋から採用広報活動を開始し、4年生の4月から選考を行ってきた。今年も10月に就職情報サイトに企業情報を掲載し、プレエントリーを募り始めたが、経済環境の変化のスピードや幅が大きくなっている中、1年半も先の業績を見越し、新卒採用計画を策定することは困難であると判断した。
キヤノンマーケティングジャパン
 額田泰介同社人事本部採用課長(写真)は、「内定取り消しなどはもってのほかですが、経営の先行きが不透明なまま、見切り発車で採用活動を行うことも不誠実だと考えました。また、学生の就職活動が本格化する前の12月中には、採用に関しての考え方を伝...(もっと読む

【東大・一橋・早大 就活生座談会】上位校学生も悩ませる就職情報洪水
アクセンチュア〜自らアクションを起こすセルフスターターの採用に注力
富士通〜育成と対話を基本方針として、多様なインターンシッププログラム展開

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。