NHK大河ドラマ「龍馬伝」もいよいよ3月28日の放送で第一部が完結。坂本龍馬が土佐藩から脱藩するという佳境を迎えます。
 新刊JPニュースでも、注目を集める「龍馬伝」の主人公・坂本龍馬が分かる本を紹介しました。

・今大注目の“龍馬”本を紹介!

 そんな坂本龍馬本に新たな刺客(?)が登場しました。
 ここに登場する龍馬は、なかなか可愛いくて、そしてやけにドス黒いんです。福山○治さんのあの凛々しい姿とは正反対です。


 『幕末4コマ劇場 黒いぜよ!龍馬ちゃん』(くもぎり太郎/作、実業之日本社/刊)は龍馬の若かりし頃の業績をドス黒いネタに変えて描く4コマ漫画で、いうなれば坂本龍馬の入門書の入門書といったところでしょうか。

 
 表紙を見るかぎりギャグ漫画的ですが、内容ももちろんギャグ漫画。繰り返しますが、龍馬が目の色のごとくひたすらドス黒い。
 坂本龍馬と彼と親交のあった人物(中岡慎太郎・岡田以蔵・沖田総司など)をデフォルメし、コミカルに描いていますが、彼らにまつわる史実の方もゆるーく伝わります。また、この他にも人斬り以蔵を主人公にした「粉雪抄」も収録。

 活字の龍馬本は読み飽きた! もしくは面白い龍馬本が読みたいぜよ! という方は手に取ってみては?
(新刊JP編集部/山田洋介)

【関連記事】
今大注目の“龍馬”本を紹介!
歴史好きアイドル“歴ドル“の小日向えりさんに聞いたマニアックな“歴女”の世界
歴史的名演説の共通点とは?―【著者インタビュー】『あの演説はなぜ人をうごかしたのか』著者・川上徹也さん(1)

【新刊JP注目コンテンツ】
バブルの歴史 チューリップ恐慌からインターネット投機へ(新刊ラジオ 第687回)
知られざる素顔の中国皇帝―歴史を動かした28人の野望(新刊ラジオ 第356回)