23日、気候変化を頻繁に繰り返す現在の状況が続けば、10年以内に世界規模の戦争が発生する可能性があると専門家が警告していることが分かった。写真は雲南省の干ばつ被害。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40776">

写真拡大

2010年3月22日、英紙スコッツマン(電子版)は、気候変化を頻繁に繰り返す現在の状況が続けば、10年以内に世界規模の戦争が発生する可能性があるとする国際問題専門家筋の警告を掲載した。23日付で新華網が伝えた。

同筋の指摘によれば、気候条件の劣る国々が武力により陸地や食料、水資源を入手しようとする可能性があるとされ、熱帯性、亜熱帯性気候の国で発生する「気候難民」が気温の低い国々に流入したり、アフリカや中東の後進国で飢饉が発生し、難民、テロ、海賊行為が横行するなどの可能性があるという。また、インド・パキスタン間、イラク・トルコ間などで、不足する水資源を争い武力衝突が発生する可能性も指摘した。

【その他の写真】

なお、中国もインドとの間で水資源を争う危険性があることや、気候変動、食糧問題、経済格差の拡大など国内にさまざまな問題を抱えていることが、国内外のメディアにより度々報じられている。(翻訳・編集/岡田)

【関連記事】
100年に1度の大干ばつが穀倉地帯を直撃=メコン上流の中国もダム放水できず―ベトナム
「100年に一度の大干ばつ」、700万人が食糧不足―雲南省
“100年に1度”の大干ばつ、西南地方を襲う=2000万人が飲み水不足―中国
広がる干ばつ、耕地の被害面積600万ヘクタール超に―中国
雲南や広西など南部で厳しい干ばつ、地球温暖化が主な原因―中国