オクタゴン10戦以上のキャリアを誇るベラを相手に、実質左のエルボー一発で勝負をつけたジョンズ。ライトヘビー級コンテンダー争いで一躍名を上げた

写真拡大

3月21日(日・現地時間)、米国コロラド州ブルームフィールドの1stバンク・センターでは、ズッファのセカンド・ブランド=WECを中継するテレビ局「Versus」が、初のUFCイベントを放送、UFC on Versus「Vera vs Jones」が開催された。

メインイベントでは、ライトヘビー級転向後3勝2敗、昨年11月には微妙な判定ながらもランディ・クートゥアーに敗れ再起を誓うブランドン・ベラと、昨年12月のTUF10フィナーレで、マット・ハミルに垂直に落とすエルボーを繰り出し反則負けで初黒星を喫した新鋭ジョン・ジョンズが対戦した。

Versus初のUFC中継、そのメインでは、ジョンズが圧倒的な強さでベラを押し切り、1R3分台前半で決着。ベラが放った反則の蹴り上げによって中断する場面もあったが、再開後、ジョンズはインサイドガードから左エルボーでベラの右目付近を強打すると、そのままエルボー&パウンドで難なく退けた。

また、王者不在が続くヘビー級戦線において見逃せないマッチアップ=ギルバート・アイブルとの打ち合いを制したジュニオール・ドスサントスと、柔術界での活躍もお馴染みガブリエル・ゴンザガ――、ともにミルコ・クロコップという稀代の打撃系ファイターを下した両者による対戦がセミファイナルで組まれた。

だが、こちらもメインイベント同様、UFC5連勝を挙げる次世代のスター選手ドスサントスが、UFCで10戦以上を誇るゴンザガを一蹴。ゴンザガの蹴りにパンチを合わせてダウンを奪うと、速射砲の様なパウンドで一気に決着をつけた。

ヘビー級、ライトヘビー級において、立ちはだかるベテランの壁をものともせず、ともに1Rで決着をつけたジョンズ&ドスサントス。近い将来、王座戦線に絡んでくるであろう新鋭の台頭が、またオクタゴンを面白くしてくれそうだ。

■関連リンク
興奮気味のジョンズ、興奮したベラをリード?
混沌=世代抗争ヘビー級ナパォン×シガノ
ベラ×ジョンズ、新旧天才対決でVersus進出

<UFC LIVE Vera vs Jones 全試合結果>

第11試合 ライトヘビー級/5分3R
×ブランドン・ベラ
(米国)
1R3分19秒
TKO
詳細はコチラ
ジョン・ジョンズ○
(米国)
第10試合 ヘビー級/5分3R
○ジュニオール・ドスサントス
(ブラジル)
1R3分53秒
TKO
詳細はコチラ
ガブリエル・ゴンザガ×
(ブラジル)
第9試合 ヘビー級/5分3R
○チーク・カンゴ
(フランス)
3R1分16秒
TKO
詳細はコチラ
ポール・ブエンテーロ×
(米国)
第8試合 ミドル級/5分3R
○アレッシオ・サカラ
(イタリア)
1R3分1秒
TKO
詳細はコチラ
ジェームス・アーヴィン×
(米国)
第7試合 ライト級/5分3R
○クレイ・グイダ
(米国)
2R3分40秒
三角十字
シャノン・グジェルティ×
(米国)
第6試合 ライトヘビー級/5分3R
×エリオット・マーシャル
(米国)
3R終了
判定
ウラジミール・マティシェンコ○
(ベラルーシ)
第5試合 ライト級/5分3R
×ドゥエイン・ラドウィック
(米国)
1R44秒
TKO
ダレン・エルキンス○
(米国)
第4試合 ウェルター級/5分3R
×ダニエル・ロバート
(米国)
1R2分1秒
TKO
ジョン・ハワード○
(米国)
第3試合 ヘビー級/5分3R
×チェイス・ゴムリー
(米国)
1R47秒
TKO
ブレンダン・シャウブ○
(米国)
第2試合 ウェルター級/5分3R
○マイク・ピアス
(米国)
3R終了
判定
ジュリオ・パウリノ×
(米国)
第1試合 ライト級/5分3R
×エリック・シャファー
(米国)
3R終了
判定
ジェイソン・ブリッツ○
(米国)