Image by: Fashionsnap.com

写真拡大

 2010年3月20日(土)午前10時、スウェーデン発のファストファッションブランド「H&M(エイチアンドエム)」 は、九州初上陸かつ日本初の期間限定ショップを「キャナルシティ博多」にオープンした。小規模店舗であるにも関わらず
、オープンを記念して用意された先着500名限定のノベルティプレゼントや福岡限定商品を求め、オープン前には約700名以上の行列ができた。


■「H&M 博多キャナルシティ期間限定ショップ」オープンまで密着ライブレポートはこちら!

 http://www.fashionsnap.com/news/feature/h-and-m-hakata-canal-city-open-report/


 3月20日(土)から28日(日)の9日間のみの開催となる今回の限定ショップ。九州の人たちにファッション性の高い幅広いラインナップとベストプライスの「H&M」を体験してもらうことを目的としてオープンが実現した。売場面積約150平方メートルのプレミアショプには、小型の1フロア構成にレディース、メンズ商品を展開し、ファッショナブルな最先端のトレンドを楽しめる幅広いラインナップが並ぶ。

 店内には今年の春夏のトレンドでもあるマリンスタイルをはじめ、先行発売となる花柄の「the Garden COLLECTION by H&M」が登場。オーガニック素材を使用したチュニックやシャツ、落ち着いた色合いで肌にも優しい素材テンセルを使用したワンピース等も揃う中、一番注目を集めたのは、オープン限定のリサイクル・ポリエステルを使用したロングドレス。ロマンティックな中にも「H&M」のエコな取り組みを感じ取れる新作がラインナップした。アクセサリーも豊富に並び、トレンドの特大サイズのジュエリーやデッキシューズなども扱っている。また、メンズは幅広い世代に対応できる展開で、モダンな印象だ。小規模店舗ではあるものの、東京の店舗さながらの充実の商品展開を実現した。

 限定アイテムのドレスに身を包み登場したH&Mジャパン代表取締役社長Christine Edman(クリスティン エドマン)氏は、「いつもはその地域にあった商品展開で店作りをするが、今回はH&Mを知ってもらうということで、"H&Mらしさ"にこだわった商品構成を意識し、この春夏のトレンドを取り入れました」と語った。

 オープンは10分ばかり遅れたものの、お揃いのユニフォームに身を包んだスタッフのカウントダウンとテープカットという「H&M」おなじみの演出で盛り上がり、グランドオープンを迎えた。700名以上の大行列はオープン後も絶え間なく続き、入場制限がかかるほど大盛況のオープンとなった。この状況には「小規模店舗なのにそんなに人が集まってくれたの!?」とクリスティン氏も喜びをあらわにした。

 PR コミュニケーションマネージャーMie C. Anton(ミエ アントン)氏は、「九州のお客様に会えたことがとてもうれしいし、感謝しています。本当に9日間という短いショップ展開だけど、心から楽しんでもらえるショップとなるよう、商品も随時追加していきますので、是非"H&M"を体感して下さいね!」と、九州の新たなカスタマーに向けてメッセージを送った。


■「H&M 博多キャナルシティ期間限定ショップ」オープンまで密着ライブレポートはこちら!

 http://www.fashionsnap.com/news/feature/h-and-m-hakata-canal-city-open-report/

■「H&M 博多キャナルシティ期間限定ショップ」オープン記念の限定品をチェック!
  http://www.fashionsnap.com/news/2010/03/hakata-h-m-limited.html



■ キャナルシティ博多
 場所:〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉1-2
 アクセス:JR博多駅より徒歩約10分 / 西鉄天神駅より徒歩約10分
 営業時間 :10:00~21:00(飲食店は11:00~23:00)※一部異なる

【記事の写真をもっと見る】