Image by: Fashionsnap.com

写真拡大

 福岡初、全国21店舗目となる「福岡パルコ」が、2010年3月19日(金)にグランドオープンした。パルコ前にはオープンを待ちわびる人で300名以上の行列ができ、10時の開店時間から45分も早い9時45分にオープン。日中も列は止むことはなく、入場制限がかかるほどの大盛況となった。

 九州最大の都市であり、アジアの玄関口、全国的に見ても屈指の商業集積エリアである福岡・天神エリア。中でも、地下鉄天神駅と西鉄福岡(天神)駅、バスセンター等に直結している一大交流拠点であるという立地を活かし、生活に楽しさや豊かさを求める、すべての天神来街者の方々に向けて、"新しい喜びのある消費"を提案する「福岡パルコ」が誕生した。

 「福岡パルコ」は全国で21番目のパルコでありながら、これまでにない「新生パルコの1号店」の実現に向け、従来の都心立地型パルコでは5割を占めていた衣料品比率を、3割強までに抑え、 衣料品に特化しない、パルコのフィルターを通したカルチャーや食、ビューティーへと品揃え幅を広げ、多様な目的に対応可能なショップ展開が実現した。さらにそれらを、意図的にランダムに配置し、客に館内を満遍なく回遊してもらうことで、面白く特徴のある「コト」「モノ」に触れるゾーニングを作り上げているのが最大の特徴だ。

 エントランス脇には、パルコ初となる直営編集ショップ「ワンス ア マンス」が出店。毎月20日に、そのシーズンテーマに 沿った雑貨、ファッション、デザイングッズが入れ替わるという。今回は福岡、九州初のアパレルや小物がスタイリッシュに並べられ、新鮮な印象を与えていた。

 ファッションでは、1階には全国2店舗目となる「eYe COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN(アイ コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン)」や単独ショップ展開は初となる「TOGA(トーガ)」の新ライン「OGA ODDS AND ENDS(トーガ オッズ アンド エンズ)」が並び、モードに敏感な若者からミドルエイジからも注目を集めている。また、2階は旬なブランドをミックスしたスタイルが人気の「JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)」や、「DRESSTERIOR (ドレステリア)」、「nano・universe(ナノ・ユニバース)」、「Adam et Ropé(アダム エ ロペ)」 などのセレクトショップを中心に構成され、ユニセックスな提案を実現。4階では館内唯一の女性フロアとして「JILL by JILLSTUART(ジル by ジルスチュアート)」や、「MERCURYDUO(マーキュリーデュオ)」、「MURUA(ムルーア)」などのトレンドを意識し構成されている。

 また、ビューティーテーマでの開発にも力を注ぎ、無印良品が人気のコスメラインを集約した「MUJI BEAUTY(ムジビューティ)」、美容家IKKO氏の初のリアルセレクトショップ 「ピンク by IKKO(ピンク バイ イッコー)」、人気口コミサイトのリアルコスメショップ「アットコスメストア」など多様な業態で提案する。これに加え地下には飲食業態開発と、 地元企業との取り組みの両方を実現したパルコのおいしい地下食堂「オイチカ」がゾーンが展開されているほか、食品やお酒の並ぶショップも併設されている。

 「福岡パルコ」のオープンには、学生をはじめ家族連れやお年寄りなど様々な人が訪れていた。各店でオープンを記念したセールや限定商品が並ぶ中、オープン日から3月22日(月)まではオープニングセールとして、パルコカードの利用でさらに10%オフとなるなど、様々な特典が用意されている。


■「福岡パルコ」
 所在地:福岡県 福岡市 中央区天神2丁目11-1
 アクセス:市営地下鉄空港線 天神駅 直結
      西鉄 天神大牟田線 福岡(天神)駅 直結
      西鉄バス 各方面行きバス停 直結
 営業時間:午前10時 ~ 午後8時30分
      ※店舗、季節により異なる場合がございます。
 公式サイト:www.parco-fukuoka.com/web/

【記事の写真をもっと見る】