17日、中国人は下水道の汚水から製造された「リサイクル食用油」を年間300万tも食べている―衝撃的なニュースが中国国内で報道され大騒動になっている。写真は03年9月、甘粛省蘭州市で摘発された「リサイクル食用油」製造工場。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40623">

写真拡大

2010年3月17日、「中国人は下水道の汚水から作られた『リサイクル食用油』を年間300万tも食べている。しかもその毒性はヒ素の100倍だ!」―国営ラジオ放送サイト・中国広播網が伝えた衝撃的なニュースは、瞬く間に中国全土に広がった。

下水道を流れる悪臭プンプンの汚水を汲み取り、これにろ過や加熱、沈殿物除去などの作業を繰り返すと、きれいに透き通った「リサイクル食用油」が出来上がる。衛生上問題だらけ、危険極まりないこの「リサイクル油」で作られた料理を中国人は食べているのだ。

【その他の写真】

湖北省武漢市の何東平(ホー・ドンピン)武漢工業学院食品科学・工程学院教授は「中国では誰もが『リサイクル油』を食べている」と断言。全国食用油標準化委員会油料油脂工作チーム長でもある何教授の試算によると、中国人は年間2250万tの動物性および植物性油脂を摂取するが、そのうち200〜300万tが「リサイクル油」であるとされ、つまり、10回の食事のうち1回は「リサイクル油」を使用した料理を食べていることになる。

この「リサイクル油」を長期摂取すると発育障害や腸炎、肝臓や心臓、腎臓などの臓器肥大、脂肪肝などを発症する恐れも。発癌性の高いアフラトキシンをも含んでおり、その毒性は砒素の100倍という医学的データもある。この「リサイクル油」は通常の食用油と外見上区別がつかず、生産コストは1t当たり300元(約4000円)。その販売価格も食用油の半値以下であることから、中国全土で広く一般的に使用されているという。(翻訳・編集/本郷)

【関連記事】
「アンビリバボー!」醤油の材料に頭髪?食品加工の驚くべき実態―中国
なぜ食用油にここまで…?激安セールに数千人殺到、踏まれて6人ケガ―甘粛省蘭州市
残留農薬の恐怖!大都市住民は1日1杯の「農薬カクテル」状態―中国
<中国食品>絶滅危惧種フタコブラクダの赤ちゃん、一時危篤に=原因はニセ粉ミルク―河南省
<中国食品>汚染度を簡単に測定、毒性測定試験紙の開発進む―中国