世の中にはあんな本やこんな本、いろんな本がある。そのテーマも十人十色。「感動したい本が読みたい!」「思いっきり怖い本を味わいたい」と思っても、 どんな本を選べばいいのか分からない! とお悩みの方も多いはずでは?
 そんなときにあなたの味方になるのが書店員さんたちだ。本のソムリエ、コンシェルジュとしてあなたを本の世界に誘ってくれる書店員さんたち。
 そんな彼らに、テーマごとにお勧めしたい本を3冊答えてもらうのがこの連載だ。

 3月のテーマは『新入社員に読んでほしい! 社会人の基礎がわかる3冊』。
 今週は書泉グランデの広瀬祐理さんに、来月入社する新入社員に読んでほしい本を紹介してもらった。
 

◆『キミが働く理由』

著者:福島正伸
出版社:中経出版
定価(税込み):1365円

 本来、仕事で悩んでいる方へのおすすめになるのでしょうが、ぜひ新社会人となる方々にも読んでもらいたいです。
 これから楽しいことだけでなく、辛いこと悔しいこと、色々とあるでしょう。そうしたものに直面した時に、あきらめないで乗り越えていける力の基礎を築いてほしい。そのための1冊。

◆『かばんはハンカチの上に置きなさい』

著者:川田修
出版社:ダイヤモンド社
定価(税込み):1575円

 トップ営業マンが日々心がけている「ちょっとだけ違うこと」をまとめた本です。これから営業職に就く方のみならず、全ての職業で活かせるアイデアが満載です。
 「あ、これいいな」と思ったものはどんどん真似していってください。先輩の良い仕事テクニックは盗んじゃう。それを繰り返し使ううちに、自分なりのアレンジが加わり、やがてあなたの武器となる。できるビジネスパーソンの基礎づくりにまずこの1冊を。

◆『こんなオレでも働けた』

著者:蛭子能収
出版社:講談社
定価(税込み):1260円

 新社会人の方におすすめする本としてどうかなとも思いますが…(笑)
 テレビからは想像もできない、意外や意外、実は営業マンだった!! そんなみんなが愛する蛭子さんの異色の『働くことの指南書』。読んでいるだけでこれからもなんだか頑張れる気がします。特に巻末のさらりーまんお悩み相談は必見です。
 でも仕事さぼって競艇に行くのは真似しちゃいけません。


◇   ◇   ◇

【今回の書店】
書泉グランデ

住所:東京都千代田区神田神保町1-3-2
TEL:03-3295-0011
FAX:03-3295-0019

■アクセス
半蔵門徒歩5分

■営業時間
平日 10:30〜19:30/日・祭日 10:30〜19:00

ウェブサイト
書泉グランデ twitter

Google Map


『書店員が選ぶ「わたしの3冊」』はブクナビにて配信中!
過去のアーカイブはこちらから



【関連記事】
紀伊國屋書店新宿本店 ピクウィック・クラブさんに聞く『新入社員に読んでほしい! 社会人の基礎がわかる3冊』
八重洲ブックセンター 本店 黒松亜美さんに聞く『新入社員に読んでほしい! 社会人の基礎がわかる3冊』
読書のすすめ 小川貴史さんに聞く『この作家は、まずはこの本から読め!』