先ほど情報がダダ漏れになっているのをお伝えした通り、カプコンが本日、同社の人気ゲームソフト「モンスターハンター」の最新作として、「モンスターハンターポータブル 3rd」を正式発表しました。

2008年3月に発売され、同プラットフォームで最高本数となる400万本近い本数を売り上げたPSPソフト「モンスターハンターポータブル 2nd G」が正統進化した後継タイトルとなっています。

発表会場の様子をお届けします。

詳細は以下から。
発表会が開始されました。


株式会社カプコン 代表取締役社長 COO 辻元春弘氏が登壇。


辻元春弘氏によると、「モンスターハンター」シリーズはこれまで7作発売したが、特に「モンスターハンターポータブル 2nd G」については今なお売れ続けており、なんと3月末で400万本出荷のメドが立っているそうです。そして400万人のモンハンユーザー並びにそれ以外のユーザーでも遊んでもらえる新たなタイトルを発表するので期待して欲しいとのこと。

続いて同シリーズのプロデューサーの辻元良三氏が登壇


発表されたのは「モンスターハンターポータブル 3rd」です。


対応プラットフォームはPSPで、2010年末発売予定。


今作ではオトモアイルーが進化し、シングルプレイ時に最大2匹を連れ歩けるようになるため、3人でプレイできるので戦略の幅が広がる。


なお、オトモアイルーの武器防具をカスタマイズすることも可能。「必ずユーザーの期待に添える内容にする」そうです。


続いてソニー・コンピュータエンタテイメントの代表取締役社長 兼 グループCEOの平井一夫氏が登壇。


フォトセッションの様子。


公式サイトは以下から。

CAPCOM:モンスターハンターポータブル 3rd 公式サイト


・関連記事
今度は「モンスターハンター」に酷似、またしても中国でとんでもないゲームが登場 - GIGAZINE

モンハンに酷似した「HUNTER BLADE」に法的措置を取るのかをどうかをカプコンに聞いてみた - GIGAZINE

「モンスターハンターポータブル 2nd G」が国内市場1位達成、廉価版発売とオンラインプレイが可能に - GIGAZINE

記事全文へ