お花見シーズン直前! ウェザーニューズ(東京都港区、草開千仁代表取締役社長)は、桜シーズン到来に向けて、全国の公園や学校などを対象とした約2万カ所の桜の開花予測を発表した。 全国のお花見名所660カ所、近所の公園1万カ所、「さくらプロジェクト」に参加する一般、学校、自治体の「マイ桜」1万本余りが、開花予測の対象となっている。



 近年、桜の開花は過去30年間の平均と5年間の平均を比べてみても全国的に早い傾向になっている。

 同社によれば、「特に都心部でこの傾向が大きく、関東地方ではここ5年のうち30年間の平均より遅く咲いたことはわずか1年しかありません。今年もこの傾向は変わりませんが、過去5年の平均と比べると今年の開花は北日本と東日本は同じくらいかやや早く、西日本は早い所が多くなる」という。

 予想では、今週中に九州の桜は全体の67%程度、四国の桜は全体の23%程度が開花する見込みで、九州全域と高知県、愛媛県、徳島県、和歌山県は開花シーズンに入る。また、東京都、神奈川県、静岡県でも桜の開花率は10%を上回る見込みで、東京方面は3月下旬に開花シーズンを迎える。

 今回発表の予想は、全国2万カ所の最新の開花日(1輪開花日、5分咲き日、満開期間、桜吹雪日)が、インターネットサイト「ウェザーニュース」内の「さくらCh.」(http://weathernews.jp/sakura/)と携帯サイト「ウェザーニュース」(http://wni/jp)で確認することがでる。<br />
 開花予想にあたって同社は、過去6年間、一般の方寄せられた120万通にもおよぶ桜の開花状況に関する膨大な“観察リポート”、先週全国で一斉調査した“つぼみリポート”、今後の“気象状況の予測”などをもとに算出している。

 各地の桜の開花時期は次の通り。
桜開花予想


会社のお花見はいつ?
東京の住民生活満足度トップの街は武蔵野市
日本人の余暇活動は 日常型レジャーへ

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。