10代:14.24歳
 20代:16.77歳

 全国の10代1,420人と20代2,246人を対象にしたドコモ・モバイル社会研究所の調べによると、今の10代は平均して中学2、3年生、20代は高校1、2年生でケータイを持ちはじめるのだそうです。若者が幼いころからケータイを持つことによって、彼らにどのような変化が起こったのでしょうか? 思春期をケータイなしで過ごした世代が経験したようなものとは、明らかに異なるライフスタイルがそこにあるといえます。
 
 例えば、好きな人と話すために、ドキドキしながら、家の人が出るかもしれない固定電話にかけるといった苦労は当然ながらありません。

A男「お前、C子のアドレス知ってる?」
B男「知ってるよ、教えてやるよ」(AにC子のアドレスを転送)
A男「B男から君のメアド聞いちゃった。勝手にごめんね〜。今度一緒にカラオケいかない?」(A男からC子へメール)
C子「いきなりでびっくりしたよ〜。でも、喜んで!」

 人から勝手にアドレスを聞いて好きな相手にメールを出すのも少しはドキドキするかもしれませんが、せいぜいこの程度。もはや、ドラマ「東京ラブストーリー」の世界などあり得ないのです。

 10〜20代のケータイ電話帳には、平均114.2人の知り合いが登録されているのだそうです。30〜50代の平均143.9人にはさすがに及びませんが、彼らがまだ若者であることを考えると、かなりの登録件数だといえます。また、ケータイだけでなく、SNSやプロフなども利用しているので、「友人の友人」といった独特な距離感で付き合う人も多いのだとか。これがちょっとした「知り合い増えすぎ現象」となっていると、『近頃の若者はなぜダメなのか』の著者、原田曜平さんは指摘します。
 
 街を歩けば予期せず必ず誰かと会ってしまうということは、人口の少ない地方の繁華街では昔からよくあったことでうが、最近では、世界有数の大都市・渋谷でも頻繁に起こるのだそうです。
 
 あまり仲の良くない知り合いと道端で会った時に気づかないフリをしただけで、他の友人にメールで「感じの悪い奴」と密告され、異性の友達と歩いているだけで「浮気している」と広まってしまう。そこには、いつも誰かに会うのではないかと人目を気にしながら生活する「監視社会」が誕生していると原田さんはいいます。これはかつての「村社会」と同じ。いつも誰かに見られ、まわりの村民と違った行動や目立ったことをすれば、すぐ村中の噂となり、陰口を言われたり、鼻つまみものにされてしまう「渋谷村」に生きる若者たち。

 若者の間にケータイが普及したことで、巨大なネットワーク環境が生まれ、お互いの顔色をうかがい「空読術」により協調性を保たなければならない「村社会」が若者の間に復活したのです。流行語となった「KY」が、若者のなかから生まれたのもうなずけます。



『近頃の若者はなぜダメなのか』
 著者:原田曜平
 出版社:光文社
 価格:861円
 >>表紙画像つきの記事を見る


■関連記事
女性をベッドに誘うには「ひと押し」よりも「ひと言」〜『枯れない男は「ひと言」で口説く』(2010年3月4日10:52)
大麻の摘発、過去最多 20代が全体の54%を占める〜『薬物依存』(2010年2月26日02:12)
さらばレガシーメディア〜『マスゴミ崩壊』(2010年2月21日00:35)


■配信元
・WEB本の通信社(WEB本の雑誌)→記事一覧