「銀魂」を体感できるナンジャのイベントがスゴイ! マヨ丼や定春アイスも

写真拡大

『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』の公開が4月24日(土)と約1か月後に迫り、グッズの販売など各所で“銀魂”旋風が巻き起こっている。そんな中、ナムコ・ナンジャタウン(東京都・池袋)も映画公開記念イベント「銀魂 in ナムコ・ナンジャタウン」を3月20日(土)〜5月16日(日)に開催。限定メニューやアトラクションが楽しめ、同施設が“銀魂”一色に染まる!

【写真】驚きのメニューやアトラクションをチェック!

「銀魂」は週刊少年ジャンプで連載されている、江戸時代末期を舞台にしたナンセンスギャグマンガ。テレビ東京でアニメ化もされ、高い人気を誇っている。その銀魂の劇場版公開を記念した本イベントの注目どころは2つ。

1つは約20種類が登場する「銀魂デザート&フード」だ。登場人物の好物や愛用品などをモチーフにしたメニューが、施設内のアイスクリームシティや東京デザート共和国などで楽しめる。その一部を挙げると、ポテトサラダを土方の好物・マヨネーズに見立ててテンコ盛りにした「土方特製マヨ丼」(1500円)、チョコレートムースの上にホワイトチョコと特製イチゴソースで作ったアイマスクがどんっと乗った「沖田のアイマスク」(780円)、桂小太郎のペット・エリザベスをかたどったケーキ「エリザベス“今度はさっさと帰ってきてくださいよ”」(580円)など。ビジュアルもネーミングも趣向を凝らしたものばかりで、食べるのがもったいないくらい!

そして2つ目が期間限定アトラクション「真選組入隊! 大江戸捕物帳」(800円、パスポート利用不可)だ。参加者が真選組新隊員として、指名手配されている高杉晋助を追うというストーリーだ。施設内の3つのポイントで情報を集めて鬼平隊のアジトへ向かい、事件を解決するという謎解きモノで、気分はもう、銀魂のキャラクターになってしまいそう。ちなみに、このアトラクションに参加すると、巨大な「定春」の像に頭を入れて記念撮影をできるという、ファン心をくすぐるニクイ特典も。

ほかにも、ナンジャタウンでは縁日屋台に銀魂グッズが登場するほか、オリジナル銀魂デザインのパスポート券と銀魂アトラクション券がセットになった「銀魂パスセット」(大人4500円、子ども3900円)が数量限定で販売。また、サンシャイン60展望台でも銀魂の名シーン展示コーナーや劇場版紹介コーナー、銀魂グッズ販売コーナーなどが展開される。

食べて、見て、遊んでと、「銀魂」ワールドが体感できるこのイベントにぜひ足を運んでみて。【東京ウォーカー】

【関連記事】
ワンピースやドラゴンボールも!UTの新作コラボTシャツは日本のマンガ (東京ウォーカー(全国版))
アニメ「銀魂」がついに最終回&劇場版公開!! キャストの思いとは…? (ザテレビジョン)
「銀魂高校」の卒業証書や校章がセットの「卒業記念ピンズセット」が登場 (東京ウォーカー(全国版))
劇場版公開30周年「銀河鉄道999」グッズをファミマでゲット! (東京ウォーカー(全国版))
コンビニ“アニメ戦争”ぼっ発!セブンは「ガンダム」、ファミマは「マクロス」 (東京ウォーカー(全国版))