ボリュームたっぷりで、おいしくて、ついつい食べたくなっちゃう丼物。
 だけど・・・

 豚丼も


フリー写真素材集 旅Photoより引用)

 天丼も


フリー写真素材集 旅Photoより引用)

 カロリーが高い!!

 丼物が大好きだけど、太るのはイヤッ!
 という私のようなワガママにぴったりの丼を取り上げているのが『きょうもおいしい野菜丼』(宝島社)。

 この本は、庄司いずみさんの大人気レシピブログ「vege dining 野菜のごはん」が1冊のレシピ本になったもの。もちろん、ブログに登場したメニューだけでなく、新作も紹介されてます。

 タイトル通り、ピーマンだけのチンジャオ丼、玉ねぎだけのハヤシ丼、とろとろ☆茄子の開き丼など、野菜だけで満足できる丼物ばかり!
 たまにお豆腐や油揚げが登場するだけで、肉や魚は一切なし。
 でも野菜だけで本当においしいのでしょうか?
 そのお味を試すべく「とろとろ☆茄子の開き丼」を作ってみました。


 用意した野菜はプチトマト、ナス、にんにく。冷蔵庫のレギュラー陣とも言える食材ばかり。



 これらを鍋に入れ、塩を加えてオリーブオイルでさっと炒めます。



 少々炒めた後は、蓋をして弱火で20分くらいじっくり蒸し煮にします。 
そしてご飯に乗せます。



 とっても簡単でした。野菜を切るのと、炒める手間は5分くらい。
 蒸し煮の間は放置でいいので、その間にもう一品作れそうです。

 そして肝心のお味は、こんなに簡単に作ったのに?!とびっくりするくらいのおいしさ。
 トマトのうま味と、とろとろになったナスが相性抜群。にんにくの香りが食欲をそそります。もちろんボリュームも文句なし!大満足です。

 たくさん食べてもヘルシーな「野菜丼」。みなさんも今夜の夕食にいかがでしょうか?
(新刊JP編集部/川口絵里子)

【関連記事】
“料理が好きだったので嬉しい”チュートリアル・福田が初のレシピ集発売でサイン会開催
辻ちゃんの料理は果たして美味しいのか? 新刊JP編集部・J子が『辻ちゃんのウマかわゴハン』のレシピを実際に作ってみた
【ツキイチ“田中の本まみれ”】第3回・もっと“おいしい”本を探せ!料理が出てくる小説をランク付けしてみた。

【新刊JP注目コンテンツ】
新刊JP FEATURING 「izumimirunのvege dining野菜のごはん」
新刊JP FEATURING YOMEちゃん『「子どもがよろこぶおやつ」「子どもがよろこぶおかず