いよいよ季節は春。新たな勉強を始めるにはもってこいの季節だ。
 そんな春だからこそ挑戦しがいのある「資格試験」。しかし、ビジネスだけではなく変り種などさまざまなものがあり、自分にあったものを探すのも大変だ。

 そこで新刊JP編集部が3月中に応募できる注目の資格試験を、独断と偏見をもって3つをピックアップ。お勧めの参考書とともに紹介していく。

◆数学検定
【認定団体】
日本数学検定協会
【申込み期間】
〜3月8日(個人受検のみ)
【試験日】
4月11日
【公式ウェブページ】
日本数学検定協会
【特徴】
 1級から8級まで全10階級からなり、1級では大学・一般程度の数学能力が試される。一方で8級では小学4年生修了程度の問題が出るなど、数学から離れてしばらくの人や数字が苦手!という人は下の級から受けていき、だんだんと受検階級をあげていくということも可能だ。社会に出ると数学知識の重要さが身にしみると思うが、勉強しなおすのに時間切れはない。
【新刊JP編集部のお勧めの参考書】
『語りかける中学数学』(高橋一雄・著/ベレ出版)
 数学の基礎がわかる1冊。豊富な誤答から、間違いの理由が分かる。数学を最初から勉強したい人にはお勧めの1冊。
『数学ガール』(結城浩・著/ソフトバンククリエイティブ)
 上級者向けだが、数学の面白さを感じ取ることができる1冊だ。なぜ数学が必要なのか、数学の魅力って? それらに対してのさまざまな答えが、この小説の中に詰まっている。

◆パソコン技能検定ビジネス実務試験
【認定団体】
(財)全日本情報学習振興協会
【申込み期間】
3月1日〜3月31日
【試験日】
5月1日〜16日(会場によって試験実施日・試験開始時間が異なる)
【公式ウェブページ】
(財)全日本情報学習振興協会
【特徴】
 1級から3級まであり、Wordによるビジネスの実務文章からプレゼンで使用するPowerPointの資料などの作成能力が試される。使用ソフトはWord、Excel、PowerPointの3つ。
【新刊JP編集部のお勧めの参考書】
『これだけは知っておきたい「ビジネス文書」の基本と常識 』(東京スクールオブビジネス・著/フォレスト出版)
 ビジネス文章の基礎を勉強したいときはこちら。社外・社内問わず、さまざまな場に対応しているほか、プレゼン用の文章の書き方まで網羅している。
『説得できますか?あなたの提案文書&プレゼンテーション』(高島慶子・著、ハーティネス・編/ローカス)
 分かりやすいプレゼンとは?分かりやすい提案文章とは?そんな困ったときにお勧めなのが本書。プレゼンの方法を指南してくれる。ワンランク上のプレゼン文章を作成したいときに必読の1冊と言えよう。

◆アロマテラピー検定
【認定団体】
社団法人 日本アロマ環境協会
【申込み期間】
3月1日〜4月1日(インターネット申し込みあり)
【試験日】
5月9日
【公式ウェブページ】
社団法人 日本アロマ環境協会
【特徴】
 アロマテラピーの知識や楽しむ方法、さらにはアロマテラピーの健康学など専門的な部分まで幅広く出題される。1級と2級があり、2級では香りを嗅いで精油名を答える「香りテスト」など主に自分で楽しみ、健康維持に用いるための知識が問われる。趣味としてさまざまな人に親しまれているアロマテラピーをより深く知ることができる試験だ。
【新刊JP編集部のお勧めの参考書】
『1回で受かる!アロマテラピー検定1級・2級テキスト&問題集』(長谷川由美・著/成美堂出版)
 アロマテラピー検定の問題集の中でも、効率的な学習ができると多くの読者から支持を集めている1冊。模擬試験が載っているのもうれしい。
『アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!』(和田文緒・著/新星出版社)
 アロマセラピストを目指す人ならご用達の入門書。また、そうでない人でもアロマセラピーの基礎的な知識が分かりやすく学べることができる。

 このほかにも多くの試験が開催されている。目的に応じ、自分に合った資格試験を探して受けてみてはいかがだろう。
(新刊JP編集部/金井元貴)


【関連記事】
2月中に申し込める注目の資格試験、3つをピックアップ
図解式 史上最強の資格勉強術!(新刊ラジオ 第869回)
合格のお守り 資格試験のカリスマが教える「夢をかなえる」心の習慣〈CD付〉(新刊ラジオ 第434回)