いつも使っているあの言葉が実はNGだった―『デキる人は「言い回し」が凄い』

写真拡大

 言葉は時代によって変化するものです。
 「最近の若者言葉は…」という話もありますが、今、普通に使っている言葉も、昔は「今の若者言葉は…」と言われたもの。
 そういう風にして言葉は変化をしながら、その時代の文化を形成します。

 とは言っても、やはりTPOをわきまえなかったり、間違えた言葉の使い方をするのはNGです。そして、私たちが普段使っている言葉でも実はNGのものが多くあります。
 その一部をご紹介しましょう。

■「行かれます」はNG
 上司から「すぐ支社に書類を取りに行ってほしいんだけど、行ける?」と言われて、「はい、すぐに行かれます」と答えている人はいらっしゃいませんか?
 「行くことができます」という意味の「行かれます」。この、「○○れる」という言葉はよく丁寧な言い方と勘違いされますが、日本語としては正しくありません。そのまま「行けます」で良いのです。必要のない「れ」が足されていることから、これは俗に「レタス言葉」と言われています。
 無理に丁寧にしようとすると、間違えた日本語を作ってしまうことがあるので注意しましょう。

■「とんでもございません」は誤用?
 謙遜の気持ちを込める言葉、「とんでもございません」「とんでもありません」。実はこの2つの言い方、間違えているんです。
 「とんでもない」という言葉は「滅相もない」「あるべきことではない」という意味を表す1つの言葉です。そのため、「とんでも」と「ない」を分けて「ございません」「ありません」を付けることはできないのです。
 正しい使い方は「とんでもないです」、もっと丁寧に言うのであれば「とんでもないことでございます」となります。

■「大丈夫ですか?」が失礼になる場合も
 よく気分が悪そうな人を見かけたときにかける、「大丈夫ですか?」という言葉。実は使う場所を間違えると失礼にあたるときがあります。
 例えば、ブティックで店員が女性客に「こちらはMサイズですが、大丈夫ですか?」と聞いたとしましょう。そのとき、ちょっと太めの女性にそう言ってしまったら、「Lサイズもありますよ」という風に聞いていることになります。
 どういう場で「大丈夫ですか?」を使うか。それを感じ取る力が必要です。

 これらの例は角川学芸出版から出版されている新書『デキる人は「言い回し」が凄い』(日本語力向上会議/著)から出典しています。言葉に自信のある方、是非読んでみてはいかがでしょうか。
 目からウロコな情報がたくさんあるかも知れません。
(新刊JP編集部/金井元貴)


【関連記事】
あなたは大丈夫? 口先に騙されないための方法
言葉の語源を探る旅―語源ハンターが日本を回る―【書評】『地団駄は島根で踏め』
冷たい「敬語」よりも熱意のこもった「タメ語」が好かれる―【書評】『嫌われる敬語 好かれるタメ語』